《スクール革命!》中田敦彦がお勧めする暗記科目の勉強法「歴史人物を推しメンにする」!記憶に定着する歴史の勉強方法とは?

※スクール革命! 2013年6月30日放送分より

今回のテーマは誰でも記憶力アップ&物忘れ防止術。
スタジオで講師を務めるのは、
東京理科大学教授の篠原菊紀先生、
慶応義塾大学卒業のオリエンタルラジオ中田敦彦先生。

中田敦彦先生が暗記科目のお勧めの勉強法を伝授する。

中田敦彦先生は歴史の勉強方法として、
歴史人物を推しメンにするという方法を紹介。

これはどういうことかと言うと、
その歴史人物を中心にライバルを覚えたり、
その歴史人物の周辺人物を覚えたりすることが出来るということである。

ポイントは織田信長や、豊臣秀吉といったメジャーな人物でなく、
例えば千利休のようなマイナーな人物を推した方が、
効果は高いと中田敦彦先生は解説。

《もうちょっと調べてみた&所感》

これは結構「なるほど」と個人的に感心してしまいました。

というのも何か趣味がある人なら、
伝わり易いと思うのですが、
当然ながら自身の趣味の世界のものに関しては詳しいですよね。

むしろその趣味が受験科目だったらなんて思うこともしばしば。

そしてこの趣味の世界のことに対して、
なんでそんなに詳しくなったのか思い返すと、
何かしら突破口となるきっかけがあったはずです。

例えば私なんかはサッカーが好きで詳しいのですが、
もとを辿れば三浦知良選手が好きで、
そこから所属するクラブチーム、
ライバルのクラブチーム、
そのクラブチームに所属する他の選手etcといった感じで、
知識を広げていった経緯があります。

趣味と異なり、
興味がないものに対して深堀りするのはあまり楽しい作業ではないので、
気は乗らないかもしれませんが、
前述のようなことから、
この勉強方法の効果は高いと思います。

また歴史なんかはよく流れで覚えろとか言われますよね。

結局人間の歴史なんて戦いの歴史なわけです。

その時代のイニシアチブを握っている人間(権力者)がいて、
それに対して不満を持つ人間が出てくる。

そして戦いが始まり新しい時代が始まる。

この繰り返しなんですよね。

ですからその時代の人物を推しメン化(主人公化)して、
物語を進行するか如く、
歴史を勉強していけば理解も進みますし、
少しは歴史の勉強も楽しくなるのではないでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ