ダレトク|バレンタインデーにピッタリの魚がいるはデマ!がっかり水族館!

※有吉弘行のダレトク!? 2014年2月11日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

ダレトク!?がっかり水族館

水族館には、
世の中の常識を覆す、
残念な事実が存在する。

そんながっかりな水族館な情報を紹介。

前回は「ワニは可愛い」の記事に掲載。

バレンタインデーに
ピッタリの魚がいるはデマ

まずはこの画像を見て欲しい。

キッシンググーラミィ

口を尖らせたこの魚は、
大胆に水中でキスをする。

この魚は、
キッシンググーラミィという名前。

そこでこの姿を街行くカップルに見せた所、
超可愛い
と絶賛し、
キッシンググラミー効果で、
思わずキスしたくなり、
キスしまくり。

ところが、
このキッシンググーラミィの正体は、
全然ロマンチックでは無かった。

熱帯魚に詳しい、
熱帯魚研究所の東隆司先生に話を伺った。

この魚は、
2匹でキスをするような行動から、
キッシンググーラミィと呼ばれる魚である。

その姿はとても仲睦まじく見えるが、
実はこのキスをする行為は、
ほとんどの場合はオス同士だという。

オスは縄張りを持つ習性があり、
同種間でオスを見つけると、
自分の縄張りを守ろうとオス同士が争いを始める。

キスをするラブラブな姿は、
当然ツガイかと思いきや、
まさかのオス同士のキス。

つまり、
キスをしている訳ではなく、
縄張り争いをしているのである。

こんなキッシンググーラミィのキスで、
集客をしている水族館を発見。

その水族館は東京都のしながわ水族館

そこで、
バレンタインデーに合わせて、
デコレーションされた、
キッシンググーラミィの水槽を見つけた。

この水槽は、
「バレンタインデー&ホワイトデー水槽」と言って、
キッシンググーラミィのキスを「愛のシンボル」として、
カップル達を盛り上げる企画として設置。

本当はただのオス同士の縄張り争いにも関わらず、
これで恋人達を盛り上げようとは言語道断。

番組は担当者を呼び出し直談判。

担当者は当然オス同士の、
キスである事は承知していたが、
とても可愛らしい姿なので、
企画を実施している事を明かした。

レビュー

キッシンググラミーという魚については、
以前から知っておりましたが、
オス同士というのはまさかの情報でしたね。

番組では男・オッサン同士のキスを、
見せられていると煽られておりましたが、
見た目的に可愛いので、
個人的には良いのではないかと思います。

縄張り争いをキスでするというのは、
なんとも平和的で可愛らしいですよね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ