有吉ゼミ|飯星景子は趣味で男を振り回す女!恋人よりも海外ドラマ&阪神タイガースが最優先!

※有吉ゼミ 2014年2月10日放送分より

結婚に向いていない芸能人が大集合

日本は2分で1人が離婚する時代。

愛し合って結ばれたのに、
なぜ別れてしまうのか。

バツあり芸能人が離婚理由を大胆告白。

結婚に向いていない芸能人から、
失敗しない結婚生活を学ぶ。

前回は「宮川一朗太」の記事に掲載。

飯星景子は趣味で男を振り回す女
恋人よりも海外ドラマ&阪神タイガースが最優先!

作家・飯星景子50歳バツ1。

ミヤネ屋などの情報番組で、
コメンテーターとして活躍している飯星景子。

実は1998年に、
一般人と交際わずか3ヶ月でスピード結婚。

しかし1999年にわずか1年で、
スピード離婚していた。

その後、
何人かと付き合うが未だ独身。

一体何が原因だったのだろうか。

飯星景子は趣味や好きなモノが沢山あるが、
それに相手が付いてくるのが大変なのだという。

つまり、
飯星景子は趣味で男を振り回す女である。

とある休日、
飯星景子は朝から海外ドラマに夢中。

ハマっていたのは主婦たちの過激な日常と、
本音を描いた「デスパレートな妻たち」。

当時付き合っていた彼は仕事へ。

10時間後に彼が帰宅すると、
なんと朝出て行った時と全く同じ態勢で、
ドラマに興じる飯星景子を目撃。

そして飯星景子が、
海外ドラマにハマっている時には、
邪魔するのは絶対にNGだという。

飯星景子は自分のご飯ですら考えないので、
人のご飯など考えた事もないという。

他にもハマっているのが阪神タイガース。

スポーツ紙に「タイガースに恋して」という、
コラムを連載し、
自宅には応援グッズがずらり。

球場にも足しげく通い、
これまで阪神タイガースに、
注ぎ込んだお金は2000万円以上である。

そんな熱狂的な飯星景子が、
彼氏に強いる驚きのルールがある。

それは、
阪神タイガースの試合日程を全て把握するという義務。

選手の名前は勿論、
背番号・球種なども無理矢理覚えさせられる。

飯星景子のあまりの熱狂ぶりに、
男性達は合わせざる得ないが、
そのうち逃げ出していくという。

趣味に没頭しすぎて
離婚する夫婦が増加!?

離婚コンサルタントの澁川良幸によると、
現在趣味に没頭しすぎて、
離婚する夫婦が増加しているという。

趣味が離婚理由になるケースが非常に多く、
男性の場合は、
車・バイク・プラモデル・ゲームにハマり過ぎ、
会話が無くなり喧嘩になって離婚するケースが多く、
女性の場合は、
占い・鑑定にハマり込んで、
生活費を使い込んで離婚するケースがある。

続きは「ビッグダディ」の記事に掲載。

レビュー

個人的には、
コメンテーターとしての、
飯星景子さんを知っていたので、
このような趣味があったのは、
非常に意外ではありました。

趣味は人それぞれ当然ながら自由なので、
一人で盛り上がる分には、
全然構わないと思いますけどね。

彼氏が逃げ出したく程とは、
その付き合わせ方は、
相当なモノなのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “有吉ゼミ|飯星景子は趣味で男を振り回す女!恋人よりも海外ドラマ&阪神タイガースが最優先!”

  1. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  2. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a few unrelated information, nevertheless seriously really worth taking a search, whoa did 1 learn about Mid East has got far more problerms also […]

  3. Title

    […]please pay a visit to the web-sites we follow, including this a single, because it represents our picks in the web[…]

  4. Title

    […]very handful of web sites that occur to be comprehensive below, from our point of view are undoubtedly nicely worth checking out[…]

  5. Title

    […]we prefer to honor numerous other web websites around the web, even if they aren’t linked to us, by linking to them. Under are some webpages really worth checking out[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ