月曜から夜ふかし|名古屋 日本三大ブスの一角問題!

※月曜から夜ふかし 2014年2月3日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

名古屋問題を調査した件

日本三大都市といえば、
東京・大阪・名古屋だが、
今、名古屋の人々が怒っている。

番組に寄せられた、
視聴者からのメールによると、
「東京都大阪ばかり盛り上がってズルい!
もっと名古屋の事をとりあげて!」
と書かれていた。

という訳で今回は名古屋問題を取り上げる。

前回は「名古屋はよそ者に厳しい」の記事に掲載。

名古屋
日本三大ブスの一角問題

名古屋はよそ者を受け付けないという、
保守的な土地柄ゆえにある問題が出てきた。

それが、
名古屋日本三大ブスの一角問題である。

県民性研究家の矢野新一先生によると、
名古屋の人達は身近な所で、
上手くパートナーを見つける事を、
繰り返してきた土地柄なので、
美人は多くないという。

名古屋にはブスが多いというのは、
名古屋人も認める所である。

名古屋出身の人達に話を聞くと、
身内にもブスが多い
日本三大ブスである事は知っている
ブスと一緒にいればそれが普通になる
といった回答が寄せられた。

続きは「名古屋人派手好きドケチ」の記事に掲載。

レビュー

ちなみに日本三大ブスは、
名古屋の他に仙台と水戸だそうです。

水戸にブスが多いと言われる所以は、
以前別番組で都市伝説として語られておりました。

その都市伝説では、
水戸の美人の多くが、
美人の里で知られる秋田に送られ、
逆に秋田から器量の悪い女性が、
多く送られてしまったとい事でした。

更にこの話には続きがあり、
水戸に送りこまれたブサイクな女性は、
仙台に送られてしまったという話もあるそうです。

事の真相は都市伝説なので、
分かりかねますが、
いずれにしろ名古屋・水戸・仙台の女性にとっては、
はた迷惑な話ではありますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ