世界一受けたい授業|花粉症対策には青魚を食べるのが良い!

※世界一受けたい授業 2014年2月1日放送分より

今年も急増する花粉症!2014年最新対策
花粉症を緩和させる3つの新事実

今回は花粉症の新事実を教える。

今年(2014年)も花粉症は、
2月から飛び始め、
3月には大量に飛び散ると発表された。

花粉症の人は勿論、
花粉症でない人も安心出来ない。

今までは花粉に耐えていた体の許容量がオーバーし、
突然花粉症になるという事がある。

そこで、
花粉症の新事実を教えてくれるのが、
耳鼻咽喉科のスペシャリスト、
東京厚生年金病院の石井正則先生である。

前回は「雨の日の翌日は要注意」の記事に掲載。

花粉症対策には青魚を食べるのが良い

花粉症対策には、
青魚を食べるのが良いという。

青魚といえば、
イワシサバだが、
その中には、
ビタミンDというものが、
沢山含まれている。

このビタミンDが、
花粉症の症状を和らげるという事が、
報告されている。

その理由は、
ビタミンDが青魚に多く含まれる、
EPAとDHAという、
不飽和脂肪酸の作用を助け、
免疫機能を高めてくれるからである。

これは、
花粉症の症状が出ていない人にも、
発症を抑える効果が期待出来るという。

青魚は一日にどの位の量を食べれば良い?

青魚は1日1尾、
1ヶ月間食べ続ける事によって、
花粉症の症状が緩和されると言われている。

なので、
花粉症の本番になる前から、
食べておくと良いという。

ちなみに、
調理法は生でも煮ても焼いても大丈夫。

続きは「花粉症と相性最悪の食材」の記事に掲載。

レビュー

1日1尾青魚を食べればOKとの事ですが、
毎日青魚を食べるのは、
正直かなり難しい話ですよね。

ですから無難なのはサプリメントになるのでしょう。

ビタミンD、EPA、DHAといった、
今回紹介された栄養素は、
全てサプリメントとして販売されているので、
毎日青魚を摂取する事が難しい方は、
サプリメントで代用するようにしましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ