世界一受けたい授業|雨上がりは花粉症に要注意!?

※世界一受けたい授業 2014年2月1日放送分より

今年も急増する花粉症!2014年最新対策
花粉症を緩和させる3つの新事実

今回は花粉症の新事実を教える。

今年(2014年)も花粉症は、
2月から飛び始め、
3月には大量に飛び散ると発表された。

花粉症の人は勿論、
花粉症でない人も安心出来ない。

今までは花粉に耐えていた体の許容量がオーバーし、
突然花粉症になるという事がある。

そこで、
花粉症の新事実を教えてくれるのが、
耳鼻咽喉科のスペシャリスト、
東京厚生年金病院の石井正則先生である。

雨上がりは花粉症に要注意!?

雨が降ると一般的に、
花粉が飛び散らないと考えがち。

しかし実は、
雨上がりが一番花粉は飛散る事が、
最新の研究で分かった。

実は花粉の粒子は殻に包まれていて、
水に濡れると破裂。

より小さくなってマスクの隙間から、
侵入出来るようになるのである。

つまり、
雨上がりの花粉には特に注意が必要なのである。

続きは「花粉症に効果のある食材」の記事に掲載。

レビュー

さすがに雨の日は花粉の量は下がるそうですが、
次の日は余計に悲惨してしまうとの事。

普段10ある花粉が細切れになって、
数倍~数百倍に増える訳ですから、
その恐ろしさは容易に想像つきます。

更にマスクの隙間を通る程に、
細かくなってしまう訳ですから、
より厄介とも言えますね。

雨の日の翌日が晴天である場合は、
いつも以上に花粉に警戒して、
対策を打った方が良いと言えますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ