《スクール革命!》記憶力を上げるには赤ワイン(ポリフェノール)が効果的!ポリフェノールが多く含まれる食材とは?

※スクール革命! 2013年6月30日放送分より

今回のテーマは誰でも記憶力アップ&物忘れ防止術。
スタジオで講師を務めるのは、
東京理科大学教授の篠原菊紀先生、
慶応義塾大学卒業のオリエンタルラジオ中田敦彦先生。

篠原菊紀先生は記憶力が向上する食生活を紹介。

記憶力アップにお勧めの食材として、
」「野菜」「豆類」を紹介した。

そして、
記憶力を上げる為には赤ワインが効果的であるという。

赤ワインに多く含まれるポリフェノールには、
記憶力を維持する働きや、
脳の働きが低下するのを抑える力があるとされている。
※但しグラス1~2杯が適量

他にもポリフェノールが多く含まれる食材として、
野菜ならナスサツマイモ
果物ならばブルーベリーが紹介された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

ポリフェノールのその他の効能として有名なのが、
抗酸化作用ですよね。

抗酸化作用というとちょっと難しいかもしれませんが、
簡単にいえば老化予防、
つまりアンチエイジング効果です。

ですから記憶力を一番必要とするであろう、
受験生らにはあまり馴染みのない栄養成分かもしれませんが、
前述の通り記憶力を上げるのには非常に効果的な成分の為、
効率的に摂取することが推奨されます。

しかしながら、
受験生の大半が未成年でしょうから、
赤ワインは飲めませんよね。

しかし赤ワインがきっかけで、
世にポリフェノールという栄養分が世に知れ渡った為、
赤ワイン=ポリフェノールのイメージが強いですが、
先に挙げたナス・サツマイモ・ブルーベリーのような、
食材にも多分にポリフェノールが含まれております。

またポリフェノールと一口にいっても種類は様々で、
ブルーベリーのポリフェノールはアントシアニンという名前で呼ばれています。

つまり、赤ワインを飲まなくても、
ポリフェノールを摂取する手段はありますし、
先に紹介した食材の例以外にも有名なところとしては、
チョコレートココアリンゴイチゴナッツ
シソの葉ゴボウ
緑茶ウーロン茶などが挙げられます。

調べればその他にも多彩な食材のラインナップが存在する為、
受験を控えている方は食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ