世界一受けたい授業|アメリカ・NSC・国家安全保障会議!日本版NSC・国家安全保障局とは?

※世界一受けたい授業 2014年2月1日放送分より

あなたの身の回りにも潜んでいる!?
知られざるスパイの実態を暴く

2013年にアメリカ政府が、
各国の電話を盗聴し、
情報を集めていた事が元CIA職員・スパイ、
エドワード・スノーデンの告発によって発覚。

これにより大きな外交問題に発展したのは、
記憶に新しい。

更に世界的スターのジャッキー・チェンが、
父がスパイであった事をカミング・アウトした。

しかしこれは人事ではない。

日本にもスパイが潜伏し、
日々情報が海外に流れている。

そう語るのが、
元NHKワシントン支局長、
ジャーナリスト・作家の手嶋龍一先生。

今回は手嶋龍一先生が、
世界で暗躍するスパイの驚くべき実態を明かす。

前回は「情報を聞き出す魔法の言葉」の記事に掲載。

アメリカNSC
国家安全保障会議とは?

2012年に日本版NSCが発足し話題となった。

そもそも本家アメリカの、
NSC・国家安全保障会議とは何なのだろうか。

これは外交を優位に運んだり、
テロなどから国の安全を守る為に作られた、
アメリカ大統領を中心とした意思決定機関の事。

緊急事態の際の大事な決定は、
ほとんどこの機関で行う。

国民を守る新組織
日本版NSCとは?

日本にもこれにならい、
2013年12月に日本版NSC・国家安全保障局を発足。

日本版NSCは、
外交や安全保障の分野で、
国のリーダーが、
的確な舵取りが出来るように補佐する機関である。

レビュー

以前ニュースで、
この日本版NSCが紹介されておりましたが、
正直よく理解しておりませんでした。

今回の情報で、
全てではなくとも、
なんとなくは分かった気がします。

つまりは、
国の中枢機関が、
重大な意思決定を行うのを、
迅速にする為の組織という事ですね。

何かと機動性に乏しい日本の行政機関。

この組織の発足により、
それが改善される事を願っております。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ