世界一受けたい授業|スピーチをする上で大切な事は自分を知る事!自分を知る方法とは?

※世界一受けたい授業 2014年2月1日放送分より

マーティン流・相手に伝わる効果的な話し方

東京にオリンピック・パラリンピックを呼び込んだ、
東京五輪招致影の立役者、
オリンピック招致請負人である、
マーティン・ニューマン先生

マーティン先生はオリンピック招致だけでなく、
世界各国のVIPのスピーチを指導。

今回はマーティン先生が、
マーティン流の相手に伝わる、
効果的な話し方を紹介。

マーティン曰く、
人に与える自分の印象は、
作る事が出来るという。

前回は「一番スピーチが上手な人物」の記事に掲載。

スピーチをする上で大切な事
自分を知る事

マーティン先生曰く、
スピーチをする際に一番大事な事は、
自分を知る事であるという。

その自分を知る為の、
簡単な方法がある。

それは、
自分の動画を撮影する」事である。

実は自分の映像を、
自分で見るのは、
とても恥ずかしい事である。

しかし、
だからこそ欠点も見えてくるのである。

勿論、
プレゼンテーターであった、
滝川クリステルも、
プレゼンの練習として、
自分を撮影していたという。

その時に、
コチラの記事にあるように、
おもてなしの指さしが、
失礼だという事に気が付き、
直す事が出来たのである。

続きは「相手の興味を引く一言」の記事に掲載。

レビュー

確かに自分の欠点は、
自分がよく知っていそうで、
自分が一番分からなかったりするもの。

内面ですらそうなので、
身振り・手振り、話し方、雰囲気などは、
より一層その傾向が強いでしょう。

今はスマートフォン(スマホ)などで、
簡単に動画が撮影・再生出来るので、
大事な商談、プレゼンテーション、
あるいは就職活動の面接がある人は、
一度自身の動画を撮影し、
印象をチェックしてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ