世界一受けたい授業|東京五輪招致・佐藤真海のスピーチに隠されたテクニック!

※世界一受けたい授業 2014年2月1日放送分より

マーティン流・相手に伝わる効果的な話し方

東京にオリンピック・パラリンピックを呼び込んだ、
東京五輪招致影の立役者、
オリンピック招致請負人である、
マーティン・ニューマン先生

マーティン先生はオリンピック招致だけでなく、
世界各国のVIPのスピーチを指導。

今回はマーティン先生が、
マーティン流の相手に伝わる、
効果的な話し方を紹介。

マーティン曰く、
人に与える自分の印象は、
作る事が出来るという。

前回は「おもてなし誕生秘話」の記事に記載。

東京五輪招致
佐藤真海のスピーチに隠されたテクニック

東京五輪招致の、
プレゼンテーション(スピーチ)の中には、
東京オリンピック招致を実現させた、
テクニックが隠されている。

パラリンピック女子陸上選手である、
佐藤真海は最終プレゼンで、
とても良いスピーチを実現させた。

佐藤真海のスピーチに隠されていた、
テクニックを紹介。

それは、
自分の経験や思い出を物語にして話す事である。

自分の経験や思い出を、
物語にして話す事で、
自分の話に感情がこもり、
相手に伝わり易くなる。

ちなみに、
マーティン先生が直接指導した訳ではないが、
安倍晋三首相も、
自分の物語でスピーチを行っていたという。

それは1964年の東京オリンピックで見た、
大空に描かれた五輪のマークを、
もう一度見たいという物語であった。

この瞬間、
安倍晋三首相は安倍晋三少年に戻って、
話をしていたという。

これが人々の心も打ったのである。

続きは「一番スピーチが上手な人物」の記事に掲載。

レビュー

商談などのビジネスの場では、
説得力のある話は経験談。

またこれはビジネスの話に限らず、
何か物を買う際にも、
事前に購入した方の口コミ(体験談・経験談)は、
非常に参考になり、
購入の意思決定の決め手になると思います。

それだけの破壊力のある、
経験談・体験談を更に、
相手に強く訴えかける方法が、
物語形式にするという事だそうです。

常日頃から、
経験談・体験談を語る機会が多い人は、
この要素を取り入れる事で、
更に説得力が増すかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ