スマステ|和風だしで食べる・・・薄さ0.8mmとろける豚しゃぶ鍋!

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年2月1日放送分より

家でマネできる!?
100人前売れる「めちゃ売れ鍋」

今回は、
寒い夜に食べたい、
1日100人前以上売れる、
「大人気めちゃ売れ鍋」セレクション9。

家の鍋が変わる、
すぐに家庭で真似したいレシピ・作り方も紹介。

前回は「明太もつ鍋」の記事に掲載。

和風だしで食べる・・・
薄さ0.8mmとろける豚しゃぶ鍋

東京・虎ノ門にある「京都つゆしゃぶ CHIRIRI」。

口の中でとろける、
極薄肉のしゃぶしゃぶ、
ねきだっぷりの和風だしのつゆで楽しむ、
このお店の「つゆしゃぶセット1人前4000円」が紹介された。

1日で売れる鍋は、
全2種類で180人前。

つゆしゃぶとは、
究極にまで薄切りにした豚肉を、
お湯にくぐらせ、
ポン酢やゴマだれではなく、
温かい和風だしのつゆで食べる、
今人気の鍋である。

美味しさの秘密は、
その薄さ。

お肉は甘味と柔らかい食感が特徴の、
ブランド豚「京都ぽーく」のバラ肉。

それを専用スライサーで、
薄切りにしていく、

一般的な豚しゃぶ用の肉の厚さは、
約2mmであるが、
その薄さは0.8mmである。

しゃぶしゃぶするとむこう側が、
透けてしまう程の薄さである。

この薄さによって、
口の中に入れた時に、
あっという間に溶けるような食感が楽しめる。

そしてもう1つのこだわりがつゆ。

実はこのつゆは、
昆布・かつおなどを手間暇をかけて、
5回に分けて仕込んだ五段仕込みの特製つゆ。

綺麗に澄み切った優しい味わいのつゆだからこそ、
豚肉の甘さを最大限に引き出す事が出来る。

オススメの食べ方は、
ネギをごっそり絡めて食す事。

そしてこちらのつゆしゃぶには、
シメとして、
そばを入れる。

豚や野菜の旨味がたっぷり溶け込んだ鍋に、
滋賀県産のそばを入れ茹でる。

後は自慢のつゆにくぐらせれば、
贅沢な味わいが口いっぱいに広がる。

続きは「カレー鍋」の記事に掲載。

レビュー

ちょっと値段は張るかもしれませんが、
にも関わらず1日にこれだけの販売実績を誇る鍋。

美味しくない訳がありませんよね。

高級なしゃぶしゃぶを味わいたいが、
どのお店が良いのかわからないといった方は、
今回紹介された「つゆしゃぶ」を、
試してみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ