月曜から夜ふかし|「ナイーブ」の本来の意味!「繊細」ではなく「世間知らず・お人好し・バカ正直」

※月曜から夜ふかし 1月27日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

カッコつけて使うと恥ずかしい外国語がある件

巷に溢れる「外国語」。

それらは、
ほとんど日本語と言っても過言ではない。

しかし、
外国人が聞いても、
さっぱり意味の通じない外国語が、
かなり存在するという。

2020年東京五輪開催を控え、
これから更に多くの外国人が訪れるであろう日本。

このままでは超恥ずかしい。

前回は「ベッドタウン」の記事に掲載。

ナイーブ

日本では繊細という意味で、
使用される「ナイーブ(naive)」。

しかし、
英語本来の意味は「世間知らず」

「私の彼ってこう見えてもナイーブなの」
という台詞を外国人に言おうものなら、
大変な人とお付き合いしていると、
勘違いされ同情されてしまう。

続きは「テンション」の記事に掲載。

レビュー

外国語を日本人が、
誤って認識してしまう理由の一つに、
人気商品の広告などが挙げられます。

実際に「ナイーブ」という、
石鹸がクラシエから販売されていますよね。

おそらくこの「ナイーブ」も、
「繊細な肌の為に」といった意味が、
込められているのだと思います。

「繊細」と聞くと、
プラスにもマイナスにもとれない、
微妙な言葉ですが、
外国人からみると、
世間知らず」をはじめ、
お人好し
バカ正直
といったネガティブワードらしいので、
きちんと覚えておきましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ