月曜から夜ふかし|「ベッドタウン」の本来の意味!「郊外型住宅地」ではなく和製英語


※月曜から夜ふかし 1月27日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

カッコつけて使うと恥ずかしい外国語がある件

巷に溢れる「外国語」。

それらは、
ほとんど日本語と言っても過言ではない。

しかし、
外国人が聞いても、
さっぱり意味の通じない外国語が、
かなり存在するという。

2020年東京五輪開催を控え、
これから更に多くの外国人が訪れるであろう日本。

このままでは超恥ずかしい。

前回は「マンション」の記事に掲載。

ベッドタウン

ベッドタウン」の意味を、
街の人にたずねると、
ほとんど人が、
都心から少し離れた郊外の、
寝に帰るだけの住宅地
という認識を持っていた。

しかし、
外国人が「ベッドタウン(bedtown)」と聞いて、
連想するのは、
「ラブホテル街」の事である。

住生活ジャーナリストの田中直輝によると、
イギリスやアメリカでは、
郊外の住宅地を、
ベッドルームタウン」と言うという。

日本では、
この「ベッドルームタウン」が、
短縮されて、
「ベッドタウン」と言われるようになった。

ちなみに、
英会話学校One UPの久野加容子によると、
「ベッドタウン」は和製英語であり、
本来外国には存在しない。

続きは「ナイーブ」の記事に掲載。

レビュー

これは間違って使うと恥ずかし過ぎますね。

外国人に、
「ベッドタウンに住んでいます」
なんて言おうものなら、
赤面じゃ済まされません。

色んな意味で勘違いされる可能性があるので、
覚えておいて損はない言葉と言えるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ