相葉マナブ|関西・大阪では駐車場=モータープール!

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

前回は「トイレットペーパー」の記事に掲載。

モータープールって一体なに?

関西(大阪)で、
モータープール」と言うと、
駐車場」の事を指す。

では、
なぜモータープールと、
呼ぶようになったのであろうか。

「駐車場」の呼び方も地域差がある。

元々「モータープール」とは、
戦時中に、
軍用車を停めていた場所を呼んでいた。

その名残が、
大阪を中心に関西、
四国の一部に残っている。

ちなみに京都では、
別の呼ばれ方をしていて、
個人の車庫ではなく一般の駐車場であっても、
「ガレージ」と呼ばれている。

レビュー

以前、
私は大阪発の夜行バスに乗車しようとした際に、
指定された場所が「モータープール」でした。

そこで初めて、
「モータープール」=「駐車場」という事を知りました。

それを知るまでは、
なぜ「プール」がバスの乗り場になるのだろうと、
非常に不思議に感じておりました。

逆に大阪の方は、
全国的に駐車場がモータープールと呼ばれていると、
思っている方が多いようですね。

よ~く考えれば駐車場だという事は分かりますが、
やはり関東出身の私は慣れずに、
不思議に感じてしまいますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ