相葉マナブ|東西で違う「肉」の認識!?肉まん?豚まん?

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

前回は「イカ焼き」の記事に掲載。

東西で違う「肉」の認識
肉まん?豚まん?

東日本・関東(東京)では、
肉まん」と呼ぶ料理を、
西日本・関西(大阪)では、
豚まん」と呼ぶ。

この理由は何なのだろうか。

関西(大阪)で、
一般的に「肉」と言えば「牛肉」を指す。

そして「肉まん」の肉は、
牛肉ではなく、
豚肉が入っている。

そこで関西の人達にとっては、
「肉まん」の肉は肉とは呼べないのである。

そこであえて、
「豚まん」と呼ばれている。

一方で関東の人達にとっては、
一般的に「肉」と言えば「豚肉」を指すので、
そのまま「肉まん」と呼ばれているのである。

元々東日本では豚肉、
西日本では牛肉の消費が多かった為、
当時の文化の違いが、
今に繋がっていると考えられている。

続きは「ポリタンクの色」の記事に掲載。

レビュー

こちらカレーの件でも非常に有名ですよね。

東日本はカレーと聞けば、
一般的にポークカレーを想像します。

一方で、
西日本はカレーと聞けば、
一般的にビーフカレーを想像するようですよ。

この東は豚、西は牛というのは、
有名過ぎる話ではありますが、
これを聞くと感じてしまうのが、
西日本の人達は、
お肉にかける食費が高いのだなということ。

一般的に関西圏の人は財布の紐が固いと言われておりますが、
こと肉に限っては例外という事なのでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ