相葉マナブ|関東・東京の「イカ焼き」は関西・大阪で「イカの姿焼き」!?

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

前回は「全体止まれ」の記事に掲載。

「イカ焼き」と言えば?

関東(東京)で「イカ焼き」と言えば、
そのまま味付けしたイカを、
焼いた料理を指す。

一方で、
関西(大阪)で「イカ焼き」と言えば、
一見すると、
お好み焼きのような料理を指す。

お好み焼きのようにキャベツは入っていないが、
生地は同じ。

イカをお好み焼きの生地で包んで、
ソース・マヨネーズをかけた料理である。

関西(大阪)の「イカ焼き」の由来・ルーツは、
諸説存在するが、
明治時代の末期に屋台で提供されたのが、
はじまりと言われている。

ちなみに、
関東(東京)で「イカ焼き」と認識されている料理は、
関西(大阪)では「イカの姿焼き」と呼ばれている。

続きは「肉まん・豚まん」の記事に掲載。

レビュー

関東の人からみると「イカ焼き」と聞けば、
屋台で売られている丸ごとのモノを想像します。

しかし大阪では「イカ焼き」という、
粉物料理があるとのこと。

考えてみますと、
同じ粉物でも「たこ焼き」があるのですから、
「イカ焼き」が粉物でもおかしくはないですね。

たこ焼き同様に、
気軽に食べられるファーストフードのようなので、
今度大阪を訪れる際は、
食してみたいと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ