相葉マナブ|号令「全体止まれ」何歩で止まる?九州・福岡では5歩!

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

前回は「どれにしようかな」の記事に掲載。

「全体止まれ」何歩で止まる?

体育などの行進の練習で、
全体止まれ
という号令の際に、
止まるまでの歩数に地域差がある

こちらは、
アンケートをとってみると、
九州・福岡出身の人は、
5歩で止まっていたという。

ちなみに、
一般的には「2歩」とされている。

続きは「イカ焼き」の記事に掲載。

レビュー

調べてみますと、
やはり基本的には「2歩」、
「1、2」で止まるようです。

但しこちら、
学校など地域差があるようで、
中には「3歩」という所もチラホラ。

私も子供の頃の記憶なので、
定かではありませんが、
「3歩」だったような気もします。

しかしながら、
「5歩」で止まるというのはなかなかレア。

学校によっては、
九州以外にもあるのかもしれませんが、
どうやら九州では、
「5歩」で止まるのが一般的なようです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ