相葉マナブ|大阪の「タマゴサンド」はタマゴサラダではなく玉子焼きを挟む!?

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

前回は「白ネギ・青ネギ」の記事に掲載。

大阪の「タマゴサンド」とは?

関西(大阪)で「タマゴサンド」と言えば、
厚焼きの卵焼きをサンドしたものを指す。

関西の喫茶店に行くと、
必ずこのメニューが置いてある。

一方で、
関東(東京)で言う「タマゴサンド」は、
タマゴサラダが挟まっているのが一般的。

続きは「たぬき」の記事に掲載。

レビュー

この情報は知りませんでしたね。

私も関東出身の為、
もれなく卵サンドは、
タマゴサラダの挟まれたモノを想像していました。

そうなるとタマゴサラダのサンドイッチは、
タマゴサラダサンドとなるのかもしれませんね。

ちなみに、
タマゴサンドは、
どこのコンビニでも販売されていますが、
関東と関西で異なるのでしょうか。

調べてみました所、
関西では「たまご焼きサンド」といった形で、
コンビニでは販売されているようですね。

今まで食べた経験がないので、
かなり気になります。

機会があれば食べてみたいと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ