相葉マナブ|ネギと言えば?東日本=青ネギ・西日本=青ネギ!

※相葉マナブ 2014年1月26日放送分より

日本各地、
地方により異なる文化や習慣。

同じモノでも各地で違う。

例えばエスカレーター

乗り方を見ると、
東京と大阪では人の位置が逆。

他にも、
この時期食べたくなるおでん。

各地の代表的なものを見比べると、
味や色に違いがみられる。

中でも特に違いが色濃く出るのが、
関東と関西。

今回は関東と関西の違いから、
日本の文化を学ぶ。

教えてくれるのは、
東京女子大学の篠崎晃一教授。

「ネギ」と言えば?

東日本西日本では、
ネギと言えば、
青いネギか白いネギかで、
大きな意見の食い違いがある。

東日本は白ネギ、
西日本は青ネギが主流。

続きは「タマゴサンド」の記事に掲載。

レビュー

そういえば関東でネギと言えば白ネギ、
関西でと言えば青ネギというのは常識。

私の場合は、
料理でどちらも使うので、
あまり意識はしないのですが、
気になったので調べてみました。

すると関東の土壌では、
葉ネギが育ちにくかった為、
白ネギが主に食べられるようになったようですね。

また関西でも当然ながら白髪ネギなど、
白ネギは食べられています。

関西はご存知うどん文化ですので、
そのうどんに青ネギが薬味として、
多くトッピングされているがゆえに、
そのような認識が広がったようですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ