《世界一受けたい授業》隠れシミにも効果有!NASAが開発に携わった全肌トラブルに対応したオムニラックス!その実態と費用!

※世界一受けたい授業 2013年6月8日放送分より

1年間で紫外線が最も強いのは、
実は真夏である8月よりも6月~7月である。
また最新の研究ではたった3分外を歩いただけで、
シミが出来てしまうことが判明した。

シミだけでなく、キメ・シワの悩みも増えるこの季節。

そこで今回は美肌ドクターの、
東京警察病院の澤田彰史先生が授業を行う。

将来シミとして表に出てきてしまう隠れシミについて言及。

シミの最大の原因となるのは紫外線

国立環境研究所のデータによると、
つばの長い帽子を被ると顔への紫外線を遮ることが出来、
3cmの長さで35%、5cmの長さで50%、7cmの長さで60%遮ることが、
明らかになっている。

麦わら帽子等の丸い帽子を着用すると、
更に+5%紫外線を遮る効果があるという。

そして最先端技術を駆使すれば、
隠れシミにも効果が期待出来るものもある。

ここで、NASAが開発したシステムを採用した、
オムニラックスというLEDを使用した、
全ての肌トラブルに対応した医療機器を紹介。

NASAでは宇宙での放射線によるダメージ肌が問題となっていて、
このようなシステムが開発されたことを明かした。

実際に宇宙飛行士の肌は出発前と比べて、
格段にシワ・キメ・シミが悪化して帰ってくるという。

このオムニラックスは、
特殊なLEDを肌に照射することで、
肌の自己治癒力を高め、
肌が若返ったように代謝を上げてくれることを説明。

1回20分5000円程の費用で使用でき、
実際に医療機器としても使われ、
火傷の跡等が改善したケースも報告されているという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

まずNASAがこのような肌トラブルを解消してくれる為の、
機器を開発していることに驚きましたね。

さて、今回テーマに挙げられた隠れシミなのですが、
一般的に一度出来てしまうと、
美容外科などで治療しない限りは消すことは出来ないと言われています。

となると、やはり普段から、
シミが出来ないようにケアすることが大切というわけですね。

シミの最大の要因はご存知紫外線。

夏場の時期は特に日差しが強く、
この記事でも紹介しました通り、
3分外出しただけでもシミが出来てしまいます。

海やプールに行かなかったとしてもきちんと、
日焼け止め等で対策は欠かさないで下さい。

また紫外線だけでなく乾燥・ストレス・睡眠不足等によっても、
シミの原因であるメラニンが蓄積され、
シミになるとも言われています。

シミ予防のみならずですが、
普段から保湿、生活習慣には気を配りたいものですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ