世界一受けたい授業|アナタの味覚は大丈夫?家庭での味覚障害チェック方法!

※世界一受けたい授業 2014年1月25日放送分より

味を感じないと体は太る?
味覚障害の予防・改善法

2013年10月、
歌舞伎俳優・中村吉右衛門がある病気を告白。

それは食べ物の味が分からなくなる味覚障害。

今様々な病院で、
専門の「味覚障害外来」か開設される程、
味覚障害を訴える患者が急増。

近年の調査によると、
味覚障害者は推計250万人に達するという。

そして、
最新の医療研究で驚きの事実も判明。

味覚障害を放置すると、
脳梗塞といった病気の他に、
なんと肥満にもなるという可能性がある。

いくらダイエットしても痩せない肥満の原因は、
味覚障害かもしれない。

そう警鐘を鳴らすのは、
味覚障害の権威、
東京歯科大学教授の井上孝先生

今回は井上孝先生が、
味覚障害を予防・改善する方法を伝授する。

井上孝先生曰く、
味が濃い料理が大好きな人は、
味に対しての満足感が薄い人だという。

つまり、
味覚の感度が鈍っている可能性がある。

ご家庭での味覚チェック法

自身が味覚障害か否かをチェックする、
家庭・自宅で可能な味覚チェック法を紹介。

味覚障害の基準となる、
濃度3の作り方。

200ccの水に白砂糖5gを加えれば、
甘い液の完成。

200ccの水に食塩2.5gを加えれば、
しょっぱい液の完成。

口に含むのは、
それぞれ1cc程度。

この濃度3の味をはっきり感じなければ、
味覚障害の疑いがある。

続きは「味が感じなくなる原因」の記事に掲載。

レビュー

自宅で可能な味覚障害チェック。

最近味が感じられなくなった気がすると、
気になる方は簡単なので、
チェックしてみてはいかがでしょうか。

出来れば、
家族などに協力してもらい、
どちらがどの味か、
分からない状態でテストすると、
より正確なチェックが出来るかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ