《世界一受けたい授業》ぎっくり腰(急性腰痛症)の予防法を姿勢の竹井仁先生が紹介!ぎっくり腰の原因・治療法とは??

※世界一受けたい授業 2013年6月8日放送分より

梅雨シーズンによく発症する病気が腰痛

腰痛の推定患者数は2800万人と呼ばれる、
最早国民病の一種である。

その中でも二十歳を超えると、
突然襲ってくるといわれる「ぎっくり腰」。

そのぎっくり腰の予防法を姿勢のゆがみリセット療法士である、
首都大学東京教授の竹井仁先生が明かす。

竹井先生に何か重いものを持とうとした時や、
くしゃみをした時に、
ぎっくり腰は往々にして発生しやすいが、
膝が伸びきった状態の時に発生しやすいことを説明。

つまり膝を曲げることで、
腰への負担を和らげることがぎっくり腰一番の予防法で、
更にくしゃみをする時などは、
どこかに手をつくだけで腰への負担が9分の1に激減されることを紹介。

《もうちょっと調べてみた&所感》

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいます。

私は未だにぎっくり腰を経験したことはありませんが、
経験者曰く、
腰が砕けたような感覚に襲われるようですね。

そしてぎっくり腰の原因は1つではないらしいですが、
主だったものが腰椎のズレによる痛みだそうです。

他にも胆のう炎や急性すい炎で腰椎を圧迫し、
背中の痛みとして表れることがあるそうですね。

つまりは主に腰椎を痛めてしまう病気ということになります。

このぎっくり腰の治療法なのですが、
一般的に言われているが如く、
まずは安静にすることが重要です。

よくぎっくり腰は温めるた方が良いとされますが、
答えはその逆。

腰椎の炎症がもととなって痛みを発症しているので、
冷やして炎症を抑えてあげることが肝心です。

数日待っても痛みが惹かない場合は、
ぎっくり腰以上の深刻な病を発症している可能性があるので、
なるべく迅速に病院で専門的な診察・治療を受けた方が良いでしょう。

ぎっくり腰は癖になると言われている病気の為、
竹井先生のアドバイスを守ってきちっと予防したいものですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《世界一受けたい授業》ぎっくり腰(急性腰痛症)の予防法を姿勢の竹井仁先生が紹介!ぎっくり腰の原因・治療法とは??”

  1. Title より:

    Title

    […]please pay a visit to the web-sites we stick to, including this one particular, as it represents our picks through the web[…]

  2. Title

    […]one of our visitors recently suggested the following website[…]

  3. Title

    […]we like to honor several other internet sites on the internet, even when they aren’t linked to us, by linking to them. Beneath are some webpages worth checking out[…]

  4. Title

    […]very few internet websites that take place to be comprehensive beneath, from our point of view are undoubtedly well really worth checking out[…]

  5. Title

    […]the time to read or stop by the subject material or sites we have linked to beneath the[…]

  6. Title

    […]here are some links to websites that we link to due to the fact we assume they may be really worth visiting[…]

  7. Title

    […]one of our guests recently encouraged the following website[…]

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ