駆け込みドクター|餅をノドに詰まらせた時の対処法は背中を強く叩くコト!

※駆け込みドクター 2014年1月5日放送分より

今回のテーマは、
お医者さんに聞きたい!40のこと」。

「睡眠」
「ダイエット」
「良い医者・良い病院の見分け方」
「放っておくとヤバイこと」
「感染症」
「カラダの疑問」
「日常の応急処置」
といった7つのテーマの中から、
40の質問をドクターにぶつける。

普段聞けないお医者さんへの質問に、
驚愕の回答が乱れ飛ぶ。

日常の応急処置の疑問

森田豊医師によると、
一般的に言われている応急処置は、
意外と間違いだらけだという。

そこで、
ふとした時に使える、
日常の応急処置に関する疑問。

大倉忠義
餅をノドに詰まらせた時の対処法

大倉忠義は、
餅をノドに詰まらせた時の対処法は?
という疑問をドクターにぶつけた。

一般的には、

  • 背中を強めに叩く。
  • 口の中に指を入れて吐かせる。
  • 掃除機で吸い出す。
  • 何もしない。

といった方法がとられている。

この中で正解は、
背中を強めに叩くこと
である。

これは背部叩打法と呼ばれ、
左右の肩甲骨の中間辺りを力強く叩く。

これが餅を喉に詰まらせて、
しまった場合の対処法である。

レビュー

以前別の番組では、
掃除機で吸うのが正しいと、
紹介されていただけに、
せっかく紹介して頂いてなんですが、
余計に混乱してしまいました。

しかし、
医師が勧めるからには、
背中を強めに叩く事が正解なのでしょう。

餅を詰まらせる機会自体、
なかなかないかもしれませんが、
餅以外にも何か喉に詰まらせた際は、
使えるテクニックになる為、
きちんと抑えておきましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ