深イイ話|2013年・再び猛威をふるったエンテロウイルス!死に至る感染症・手足口病!

※人生が変わる1分間の深イイ話 2014年1月20日放送分より

今回は私たちの身近に迫る、
冬の危険回避法一挙公開スペシャル。

冬の季節に迫る様々な危険の、
対策・回避法を紹介する。

冬の体調を崩し易い原因・ウイルス

厳しい寒さに体調を崩しやすい冬の時期。

その大きな原因はウイルス

東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授によると、
ウイルス性感染の、
患者数が最も多いのが冬の時期だという。

だからこそ、
冬場は一番感染に気をつけなければならない。

エンテロウイルス・手足口病

2013年、
再び猛威をふるったウイルス。

それがエンテロウイルス

このウイルスが引き起こすのが、
手や足に発疹があらわれる、
手足口病

2011年には35万人が感染し、
大流行した。

小学生以下の子供を中心に、
感染が拡大し、
全国のお母さん達を悩ませている。

東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授によると、
ひどい場合はウイルスが脳に入り込み、
髄膜炎や脳炎を起こす事があるという。

そして最悪の場合、
麻痺などの後遺症が残ったり、
死に至る事がある。

子供にかかるイメージが強いが、
大人にもかかる感染症なので注意が必要である。

続きは「又吉直樹がアデノウイルスに感染」の記事に掲載。

レビュー

確かに以前、
手足口病に関しては、
ニュースで世間を騒がせたのを、
記憶しております。

通常は、
今回のテーマとはズレた、
夏季に発生しやすいようですね。

そしてこの手足口病の為の、
特別な治療法は存在せず、
あくまでも安静にしておくしか、
方法はないようです。

対症療法として熱・痛みを、
和らげる位しか出来ないのだとか。

後遺症が残る可能性のある病にも関わらず、
明確な治療法がないというのは深刻ですね。

当然ながら感染しないように、
気を付ける事が一番大事なので、
ウイルスが体内に侵入しないよう、
一般的に言われている、
手洗いうがいをきちんと行った方が良いでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ