ジョブチューン|四元奈生美・卓球のラケットの大きさのルールはない!どんなに大きくてもOK!

※ジョブチューン 2104年1月11日放送分より

今回は超一流アスリート、
ぶっちゃけランキングスペシャル。

超一流アスリートが、
職業の秘密をぶっちゃける。

卓球のラケットの大きさは
どんなに大きくてもいい

女子卓球選手の四元奈生美が、
卓球で一般の人が知らない事を明かす。

実は卓球では、
ラケットの大きさは決められておらず、
どんなに大きくても良いという。

すると単純に、
大きい方が、
ボールが当たり易いので、
有利のように思える。

しかし、
逆にラケット大きいと、
体の近くで、
ラケットが振れなかったり、
重かったりとデメリットもある。

レビュー

ラケットのラバーに、
規定があるのは知っていましたが、
大きさに規定がないのは、
初めて知りました。

という事は、
選手によっては、
極端に大きなラケットを、
使用している人もいるという事ですよね。

普段あまり見るポイントではありませんが、
今後卓球選手のラケットの大きさも、
注目してしまいそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ