世界一受けたい授業|家庭内で出火原因になりそうな物・日用品

※世界一受けたい授業 2014年1月18日放送分より

火災の恐怖から身を守る方法!

今回は東京理科大の辻本誠教授が、
火災の恐怖から身を守る方法を紹介する。

前回の記事は「火災原因トップ5」の記事に掲載。

家庭内で出火原因になりそうな物・日用品

家庭内で出火原因になりそうな物・日用品を紹介。

束ねた延長コード

1つ目は「束ねた延長コード」。

束ねた部分から発火する危険性がある。

窓際に置いた丸い金魚鉢

2つ目は「窓際に置いた丸い金魚鉢」。

太陽の下で、
虫眼鏡で黒い紙に光を集めると、
燃えるのと同じ現象が、
金魚鉢でも起こる可能性がある。

ペットボトルでも
同様の現象が起きるので注意が必要。

差しっぱなしのコンセント

3つ目は「差しっぱなしのコンセント」。

ホコリがたまり、
そこに湿気が入り、
ショートすると発火する可能性がある。

エアコンなど、
ずっと挿しっぱなしのコンセントは、
時々コンセントを抜いて、
乾燥した布でホコリを拭き取るなど、
日頃の手入れが必要である。

かごに積んだ洗濯物

4つ目は「かごに積んだ洗濯物」。

アロマオイルやサラダ油など、
脂分のついたタオルや衣類は、
洗濯しても完全に、
油が落ちない場合がある。

その為、
乾燥機から取り出して、
積み重ねている洗濯物を放置しておくと、
油が酸化反応を起こし、
発火する危険性がある。

続きは「建物火災・やけど以上に多い死因・煙」の記事に掲載。

レビュー

延長コードや、
コンセントに関しては、
有名な話なので、
対策をこうじている人は、
多いのではないでしょうか。

逆に意外なのは、
金魚鉢・ペットボトル・洗濯物ですね。

一見すると、
人は無縁のように、
感じるものばかりですから。

考えても、
思ってもいない日用品から、
発火する可能性も考え、
きちんとした対策をとっていきましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ