解禁!暴露ナイト|元プロ野球選手・ギャオス内藤が年俸以外に貰える勝利賞金について大暴露!

※解禁!暴露ナイト 2014年1月16日放送分より

野村ID野球の申し子!元プロ野球選手が大暴露!

元プロ野球選手のギャオス内藤が、
年俸以外に貰えるお金である、
勝利賞金について暴露。

前回は「契約更改の裏側」の記事に掲載。

年俸以外に選手がもらえるお金が!

当時のヤクルトには選手達が年俸以外に、
もらえるあるお金があった。

年俸以外にシーズン中に、
試合毎に勝利賞金が用意され、
巨人戦は高く設定されていたという。

普通の試合は70万、多くて100万円だったが、
巨人戦は賞金が倍増したという。

これはチーム単位の賞金なので、
その試合で活躍した人が、
多くの賞金が分配・山分けされ、
獲得出来るシステムになっていた。

広澤克実池山隆寛は、
当時のヤクルトの大スターであり、
主力選手。

その両選手は活躍するので、
賞金がバンバン増えていったという。

また球団からの賞金は、
現金支給である事が明かされた。

ちなみにベンチに入っているだけでも、
普通の試合であれば5000円、
巨人戦であれば1万円位貰えた。

他球団にも賞金システムが!

他の球団にも賞金システムがあった。

ギャオス内藤はヤクルト以外にも、
ロッテ中日という球団で活躍。

ロッテの場合はポイント制で貰える。

ポイントを貯めて、
いくらか貯まると、
現金に換金してくれる仕組みである。

ちなみに当時の監督は、
ボビー・バレンタイン。

中日の場合は監督賞といって、
金額は予め大体決まっていたという。

一方で中日には罰金システムがあり、
当時の監督である星野仙一の言い値で、
罰金額が確定する仕組みだった。

稀に投手全体連帯責任で、
罰金を取られ、
小島弘務という1軍に上がったばかりの投手は、
投げてもおらず、
ベンチ入りしただけなのに、
罰金10万円を取られてしまった。

続きは「大誤審騒動」の記事に掲載。

レビュー

私は野球に疎いので、
知らなかったのですが、
勝利賞金なるものが存在したのですね。

しかもそれがチーム単位で、
異なるのは驚きです。

巨人戦だけはその賞金が倍になるとか、
どの球団からも、
やはり巨人はマークされていた訳ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ