ノンストップ|シニア世代のネットトラブル急増!その理由・事例

※ノンストップ!NON STOP! 2014年1月16日放送分より

シニア世代のネットトラブルが急増している。

今回はシニア世代の恋愛・イジメ・金欲といった、
ネットトラブルを特集する。

現在60歳以上のインターネット利用率は、
60~64歳で71.8%
65~69歳で62.7%
70~79歳で48.7%
80歳以上で25.7%の利用率となっている。

こんなシニアの間でいま人気なのが
同じ趣味を持つ人などが集まる交流サイトである。

しかし人気の一方で、
交流サイトをめぐるトラブルも急増している。

シニアのネットトラブル増加の理由・原因

シニア世代のネットトラブルの理由・原因は、
若者は広く浅く付き合いをしたがるのに対し、
シニアは狭く深い付き合いをしたがるからである。

シニアの現実はとして、
夫の立場としては、
家に居るが妻がないがしろにしてかまってくれない。

妻の立場としては、
子供の巣立ちで寂しいという事情がある。

更にパートナー不在で、
1人の生活が寂しい者もいる。

シニアのネットトラブル事例①
恋愛

Aさんはある交流サイトで、
知り合った女性Bさんと、
実際に会い、
意気投合し、
携帯メールのアドレス交換を行った。

ある日、
Bさんから、
親の介護費が入ったバッグを盗られたので
8万円貸してほしいと連絡があった。

その後も、
娘が事故と3万円。

このような事例が色々続き、
貸した金額50万円以上。

Aさんは娘に生活費が足りないと、
相談してみると、
「ダマされている」
と言われ調べてみた。

すると複数の人が、
Bさんにお金を貸していた。

シニアのネットトラブル事例2
集団イジメ

ネット上の旅行交流サイトにハマった男性Cさん。

毎月開催される旅行イベントが楽しみで、
毎回参加サイトに参加し、
3ヶ月程経過。

同世代、同じ趣味と意気投合。

皆と仲は深まっていったのだが、
ある日交流サイトを開くと、

Cさんを中傷する内容のの書き込みを発見。

Cさんはすぐに間違いだと書き込んだが、
サイトは大炎上してしまった。

結果交流サイトを退会したCさん。

その後、
交流サイトを利用していた事が妻に発覚。

妻からは慰謝料500万円の請求と、
離婚を突き付けられた。

これは同じ交流サイトに通っている、
男性がCさんが意中の女性と、
仲良くしているのを妬み、
決行した結果だった。

集団イジメに発展する理由

シニアは集団の輪を乱してはいけないという意識が非常に強い。

そんな中、
一人が和を乱すと
やっかみが始まり、
攻撃が開始されてしまう。

更に、
仲間を救おうと、
お節介な人が入ってくると、
更に大炎上してしまう傾向がある。

シニアのネットトラブル事例3
大金を巻き上げられる

悩み相談の在宅ワークに登録したDさん。

日々、
相談件数も増え楽しくなってきた。

そんな中、
個人的に謝礼を払いたいと客に言われ、
謝礼を受け取る為に、
Dさんの個人情報などを登録させられ、
更にサイトのポイントを購入させられた。

しかし、
謝礼を貰う為のサイトは、
システムエラーが起きて先に進めなくなり、
どんどんクリックしていくうちに、
購入額が増えた。

結局Dさんは180万円サイトに支払ってしまった。

シニアがトラブルに巻き込まれない為に

シニア世代が、
ネットトラブルに巻き込まれない為には 、
ネットもネット以外も、
きちんと現実であると認識することが必要である。

レビュー

まず、
高齢者達のネット利用率の高さに驚きました。

これほど大勢の人が、
今ネットを利用しているのですね。

また、
温和そうな高齢者の皆様も、
ネットの世界ではやはり攻撃性が高まる模様。

高齢者だからってネット弱者と、
決めつけるのはいけない時代になってきましたね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ