解禁!暴露ナイト|プロ野球(球界)の裏金の実態を元スカウトマンが暴露!

※解禁!暴露ナイト 2013年10月31日放送分より

プロ野球の元スカウトマンが暴露!
球界にはびこる裏金事情!

プロ野球元ヤクルトスワローズのスカウトマン、
片岡宏雄球界にはびこる裏金の実態を暴露する。

全国各地の高校や大学を回り、
金の卵を発掘するプロ野球のスカウトマン。

片岡宏雄はヤクルトスワローズのスカウトマンとして、
33年間活躍してきた。

これまで、
高津臣吾、古田敦也、池山隆寛、
石井一久、広沢克実、宮本慎也など、
ヤクルトの黄金時代を支えた、
スター選手を何人も発掘してきた。

プロ野球スカウトマンの実態

まず片岡宏雄は、
プロ野球スカウトマンという仕事の実態を説明。

基本的にスカウトマンは全国を飛び回っているので、
家に帰ってきたら、
妻が引っ越ししていたなんて事があったという。

またダメな選手は一目見ただけで、
分かってしまう事を明かした。

経験を積んでくると、
ユニフォーム姿の選手を見ただけで、
どの程度のレベルの選手かが分かるという。

特に凄い選手の場合は、
オーラが違うので、
歩いてきただけで分かってしまうという。

ちなみに片岡宏雄が見てきた中で、
すぐに凄いと思った選手として、
江川卓の名前を挙げた。

球界に飛び交う裏金の実態

片岡宏雄によると、
裏金がある球団は「企業努力」が出来るという。

つまり裏金というと、
悪く聞こえてしまうが、
裏金とは企業努力の為のお金である。

実はスカウト活動において、
裏金が完全に禁止されたのは2007年のこと。

日本学生野球協会とNPB(日本野球機構)の覚書に記された。

実はそれまでは暗黙の了解とされていた。

具体名は明かさないが、
ある球団は普通に裏金を渡し、
ヒドイ所であると、
小遣い代わりに、
キャッシュカードをプレゼントする所もあった。

ちなみに昔は、
選手を獲ろうと思ったら、
親戚以上に親しくなるまで通わないといけないので、
選手だけでなく、
その選手の所属チームの監督等にも接待を行っていたという。

レビュー

2007年までは暗黙の了解という事は、
裏金は最早、
球団運営における必要経費という訳ですね。

ドラフト制度が施行されて、
久しいですが、
それでも尚、
最近まで裏金が、
当然の如く行われていた事実に驚きです。

また名前は伏せられておりましたが、
酷い所(球団)は巨人なのでしょうか。

勿論確証なんてありませんが、
以前巨人は契約金超過騒動を起こし、
ネットの記事にもなっていましたからね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ