解禁!暴露ナイト|酒鬼薔薇事件の中学校の校長が事件の裏側を暴露!事件直後に学校内で起きていた衝撃の真実とは?

※解禁!暴露ナイト 2013年10月31日放送分より

酒鬼薔薇事件の中学校の校長が暴露!
テレビでは報道されなかった事件の裏側!

酒鬼薔薇事件の中学校の校長・岩田信義が、
テレビでは報道されなかった事件の裏側を暴露する。

神戸連続児童殺傷事件の概要

神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)とは、
1997年「酒鬼薔薇聖斗」と名乗る、
当時14歳の少年が数ヶ月にわたって、
複数の小学生を殺傷した事件である。

更に中学校の正門に、
犯行声明文と共に被害者児童の頭部を置く等、
少年犯罪史上最も残忍な事件の一つとして、
世間を震撼させた。

その事件現場とされる中学校の、
当時の校長が岩田信義であある。

つまり犯人である少年Aが通っていた中学校の、
校長にあたる人物である。

酒鬼薔薇事件の裏側

酒鬼薔薇事件の第一発見者は、
中学校の管理人であった。

管理人が朝の6時頃、
校門を開けようとした時に、
被害者児童の頭部を発見した。

岩田信義(校長)が朝8時前に、
学校に到着した頃には、
既に校門は駆けつけた警察によってブルーシートで包まれ、
多くの報道陣が駆けつけていたという。

しかも最悪な事に、
生徒達の登校時間とも重なっていた。

生徒達は翌日が中間テストの予定だった為、
教頭が機転を効かせて、
生徒達に帰るように促したという。

但し生徒に連絡しようにも、
報道によって全国から取材の電話が殺到し、
対応が非常に大変だったという。

そんな混乱の最中、
実は少年Aとは全く別の人物が疑われていた。

その人物は第一発見者である学校の管理人であった。

そして無実のはずの管理人の自宅に、
取材陣が殺到してしまった。

事件直後 学校内で起きていた衝撃の真実

事件発生後、
犯人の少年Aはしばらくの間普通に登校し、
その後、不登校になったという。

生徒達(子供達)の間では、
逮捕される以前から少年Aが犯人ではないかという、
噂話が流れていたという。

そして事件から1ヶ月後、
少年Aの逮捕によって事件は終結を迎えた。

しかし少年Aの通う学校に、
信じられない疑惑が生まれたという。

少年Aが逮捕された後、
会見を行ったが、
少年法の関係上、
岩田信義(校長)が話せない項目が多分にあった。

その話せない事によって、
学校側が何か隠してるのでは?
とありもしない疑惑を持たれた事を明かした。

ある一流新聞紙は、
少年Aに対する体罰があって、
その仕返しに学校の校門に被害者児童の頭部を置いた」、
と明らかな誤報をされた事を明かした。

後に神戸地方検察庁から少年Aの動機に関して、
学校は無関係と証明されたのだが、
事実無根の報道に、
教員らの心労は計り知れなかったという。

また、岩田信義(校長)と少年Aの担任で、
卒業証明書を渡しに、
少年院まで少年Aと面会へ足を運んだが、
面会を断られていた事を明かした。

レビュー

この事件は未だ尚、
手口が残忍、
更に犯人がまさかの中学生という、
衝撃的な結末だっただけに、
覚えている方も多いのではないでしょうか。

今回の元校長先生の話にもあったように、
少年事件は加害者・被害者だけでなく、
人権問題が強く関わるので、
周囲の人達もひと一倍苦労がかけられます。

某一流新聞が、
誤報道したとの事ですが、
メディアの人間ならば、
情報に規制が敷かれていた事を、
想定出来なかったのでしょうか。

末筆ながら、
亡くなられた被害者の少年に、
ご冥福をお祈りします。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

One Response to “解禁!暴露ナイト|酒鬼薔薇事件の中学校の校長が事件の裏側を暴露!事件直後に学校内で起きていた衝撃の真実とは?”

  1. Payday Loans より:

    …Check this out

    […]Great weblog right here! Additionally your website loads up very fast![…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ