相葉マナブ|足が上がらなくなる実験・テクニック・方法

※相葉マナブ 2014年1月12日放送分より

今回のテーマは「日本のテクニックを学べ」。

試してビックリの、
不思議にまつわるテクニック・方法を紹介。

足が上がらなくなる実験

足が上がらなくなる実験を紹介。

そのテクニック・方法は、
右手を挙げて、
身体の右半身(右側)を壁につけると、
左足が上がらなくなるというもの。

そこで検証開始。

すると出演者の左足が、
上がらなくなった。

ちなみに逆側でも同様の現象は起きる。

この方法の理由・原理を、
サイエンス倶楽部の佐久間和子先生が解説。

この方法のポイントは「重心」。

人は左足を上げると、
右側に身体を傾けてバランスを保ち、
右足を上げると、
左側に身体を傾けてバランスを保つ。

しかしこの方法は、
身体の横側に壁が存在する為、
身体を傾ける事が出来ない。

よって、
バランスを維持出来なくなるので、
足を上げる事が出来なくなるのである。

レビュー

こちら簡単に試せますので、
行ってみて下さい。

実際に私も早速挑戦しましたが、
やはり足は上がりませんでした。

つまりは人間って、
歩いている時は、
随分と左右に揺れながら歩いているんですね。

普段当たり前のように出来る行動が、
いとも簡単に突然出来なくなるのは、
非常に不思議ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ