相葉マナブ|かまぼこを板から綺麗に取るテクニック・方法

※相葉マナブ 2014年1月12日放送分より

今回のテーマは「日本のテクニックを学べ」。

視聴者の方から寄せられた、
生活に役立つ知恵、
暮らしのテクニック・方法を学ぶ。

更にその原理も学んでいく。

教えてくれるのは、
文京学院大学・目白大学の橋本愛子講師。

かまぼこを板から綺麗に取るテクニック・方法

かまぼこを板から包丁で取る時、
多少板にかまぼこは残ってしまいがち。

かまぼこを板から、
キレイに取るテクニック・方法を紹介。

それは包丁の背を板とかまぼこの間に、
差し込むと綺麗に剥がれるというもの。

そこで、
実際に綺麗に剥がれるのか検証開始。

まずは包丁の刃の方で、
かまぼこを板から切り離そうとすると、
やはり微妙にかまぼこは残ってしまった。

次に包丁の背の方で、
かまぼこを板から剥がす要領で行った。

先の鋭い刃の方が、
剥がしやすそうだが、
背の部分で行った方が、
はるかに綺麗に、
かまぼこが板から剥がれた。

この方法の理由・原理を説明。

これはかまぼこを切るのでは、
剥がすという方法。

かまぼこの板は完全に密着している為、
刃の方を使うと、
どうしてもかまぼこを切ってしまう。

かまぼこを板から剥がす場合は、
厚みのある背の方で行うと、
綺麗に剥がせるようになる。

レビュー

板に残ったかまぼこは、
本当に勿体無いですし、
意外と切り取るのは、
時間をくってイライラしますよね。

そういう意味で、
今回の放送では、
個人的に一番有意義な情報になりました。

かまぼこを使う機会が多い訳ではないのですが、
次回使う際には、
この方法を忘れずに実行してみたいと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ