相葉マナブ|固いモチが簡単に切れるテクニック・方法

※相葉マナブ 2014年1月12日放送分より

今回のテーマは「日本のテクニックを学べ」。

視聴者の方から寄せられた、
生活に役立つ知恵、
暮らしのテクニック・方法を学ぶ。

更にその原理も学んでいく。

教えてくれるのは、
文京学院大学・目白大学の橋本愛子講師。

固いモチが簡単に切れるテクニック・方法

固くなってしまったモチを、
包丁で簡単に切るテクニック・方法を紹介。

お餅は柔らかい時は、
簡単に切れるが、
固くなってしまったお餅は切りづらい。

そこで包丁で、
固いお餅を楽に切れる、
役立つ情報を紹介。

固いお餅を切る前に、
意外なあるモノを先に切ると良いという。

それは「大根」を切ってから、
固いモチを切るというもの。

そこで検証開始。

固いモチをそのまま、
包丁で切ろうとすると、
なかなか切れずに非常に危ない。

次に大根を切りながら、
大根の水分を包丁につけてから、
固いモチを切ってみると、
スッと包丁が入り、
片手で簡単に切れた。

この方法の原理・理由の説明。

実は大根にはお餅を、
柔らかくする成分が含まれている。

それは「アミラーゼ」という成分。

お餅はでんぷん質で出来ており、
このアミラーゼは、
でんぷん質を分解する働きを持っている。

このアミラーゼという成分は、
人間の唾液にも含まれる消化酵素。

お餅のでんぷん質をアミラーゼが溶かすので、
簡単に切れてしまうのである。

レビュー

私は学生時代生物の授業を、
とっていたので、
アミラーゼという分解酵素は知っていました。

しかし、
大根にまさか、
アミラーゼが含まれているとは思いませんでした。

中々大根とお餅が、
セットで揃う機会もないと思いますが、
お雑煮を作るシーズンなんかは、
わりかしあるかもしれませんね。

その際には是非とも、
試していただきたい方法・テクニックですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ