私の何がイケないの|ヴァニラがフランス人形の体を求め1リットルの豊胸手術

※私の何がイケないの? 2013年4月1日放送分より

今回は整形&ビューティースペシャル。

合計30回、総額1000万円を、
美容整形に注ぎ込んだ、
整形モンスター・サイボーグであるヴァニラに迫る。

前回は「ヴァニラ美容整形の理由・経緯」に記載。

ヴァニラ・フランス人形の体を求め
人間の限界に迫る豊胸手術

ヴァニラは豊胸手術をする為に、
東京美容外科を訪れた。

ヴァニラは既にHカップあるが、
更に倍にしたい事を望んでいた。

ヴァニラが手術を受けるのが、
大阪や六本木に拠点を置く東京美容外科

まずはヴァニラを長年手術してきた、
麻生泰医師のカウンセリング。

すると、
胸を倍にしたいという彼女に、
医師から危険性が宣告される。

麻生泰医師によると、
ある程度人間の皮膚が伸びるので、
豊胸の美容整形手術は可能なのだが、
あまりにも大き過ぎるのは限界があるという。

皮膚には伸縮性があり、
ある程度までは、
シリコンのサイズに合わせて伸びる事が出来る。

ヴァニラも2年前に260ccのシリコンバッグを挿入。

皮膚を順応させてきた。

皮膚の伸縮性が限界を超えた場合、
皮膚は耐え切れず破れてしまう危険性がある。

しかしヴァニラは最低でも今の倍は欲しいと、
リスクは承知で手術する意志を明らかにした。

今回の手術は直径15cmもある、
巨大な500ccのシリコンバッグを両胸に入れる。

1リットルの豊胸手術

1リットルの豊胸手術の工程の説明。

まずは脇の下を切開し、
現在入っている、
260ccのシリコンバッグを取り出す。

更に安全面を考慮し、
段階的にシリコンバッグのサイズを大きくしていく。

あまりの大きさに手術は難航したものの、
無事シリコンバッグ挿入は完了し、
手術は無事完了。

この豊胸手術にかかった手術費用は100万円。

手術後ヴァニラは、
「まだ大きく出来る」と、
最後まで医師に訴え続けた。

続きは「美容整形を繰り返す女性が陥る心の闇」の記事に掲載。

レビュー

豊胸に異様にこだわる様は、
一般の人にとっては理解不能かもしれませんね。

私も漏れ無く、
一般層なので理解は出来かねます。

なのであくまでも推察ではありますが、
ヴァニラさんの場合は、
女性的な魅力を身に付けるというよりも、
フランス人形に近付けるという事が、
最重要プライオリティになっている為、
このようなリスクの高い手術に臨むのだと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “私の何がイケないの|ヴァニラがフランス人形の体を求め1リットルの豊胸手術”

  1. Title

    […]always a major fan of linking to bloggers that I appreciate but don’t get a great deal of link adore from[…]

  2. brighton taxis より:

    Title

    […]we came across a cool web site which you may take pleasure in. Take a search when you want[…]

  3. Title

    […]one of our visitors not long ago suggested the following website[…]

  4. Title

    […]The facts mentioned in the post are a few of the top offered […]

  5. Title

    […]below you will uncover the link to some websites that we think you must visit[…]

  6. Title

    […]that could be the finish of this article. Right here you’ll locate some web pages that we consider you will value, just click the links over[…]

  7. Title

    […]check beneath, are some totally unrelated internet websites to ours, nevertheless, they’re most trustworthy sources that we use[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ