すべらない話|小藪千豊「バイト先のおばちゃん・お疲れまっほー!」

※人志松本のすべらない話 2014年1月11日放送分より

人志松本のすべらない話10周年突入スペシャル。

歴代MVSが全員集合し、
すべらない話を披露する。

小藪千豊のすべらない話
「バイト先のおばちゃん」

小藪千豊が、
バイト先のおばちゃん」について語る。

小藪千豊は結婚したての時は、
本当に貧乏で、
ファミリーレストランで深夜アルバイトしていた。

ファミレスの地面を磨いたり、
キッチンでハンバーグを作る仕事をしていて、
ホールとキッチンで役割が分かれていた。

3時に仕事が終わるのだが、
ゴミ箱のゴミを全部空っぽにしてから、
それをまとめて、
ゴミ庫という所に収納してから仕事はあがれる。

そして深夜のホールのアルバイトは、
結構地元の年配の人が、
ウエイトレスとして働いている。

そのおばちゃん達も、
小藪千豊と同じく3時ちょうど位に、
仕事が終わりあがれる。

そのおばちゃん達の中で、
47歳でバブルを引きずったかのような、
若作りしたおばちゃんがいて、
休憩中によく小藪千豊に話し掛けてきていたが、
正直小藪千豊はそのおばちゃんが苦手で、
好きではなかった。

とある日、
小藪千豊がゴミ出しを終わらせると、
そのおばちゃんから、
追加でゴミ出しを要求された。

小藪千豊は仕事なので、
了承し、
おばちゃんの代わりに、
冬の寒空の中ゴミ出しを行った。

ゴミ出しを終え、
仕事をあがろうと、
着替えを行う事務所に向かおうとすると、
先に着替えを終え帰ろうとする、
そのおばちゃんとすれ違った。

小藪千豊は、
人に仕事を押し付けて、
「ありがとう」も言わずに急いで帰ろうとする、
そのおばちゃんにイラッときた。

おばちゃん側も仕事を押し付け、
早く帰ろうとした事がバレ、
小藪千豊と会うのが気まずいのかなと思いきや、
すれ違い様に驚きの言葉をかけられた。

おばちゃんは、
小藪千豊に向かって、
お疲れまっほー!
とハイテンションで声掛けをして帰っていった。

レビュー

人志松本のすべらない話」の過去放送回は、
DVDにまとめられていおります。

そして今回の話ですが、
この「おつかれれまっほー!」が、
Twitter(ツイッター)でえらい人気を博したようですね。

今後、
この「おつかれまっほー!」を、
個人的に流行らせていきたいと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ