最凶サギの手口|善良な人物を装ってインターネットに侵入! 悪魔の婚活サイト詐欺

※水トク!アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 2014年1月8日放送分より

この番組の情報は、
善良なる人達を守る為の防犯情報であり、
犯罪を助長するものでは決してない。
サギの傾向と対策として役立てることを目的としている。

善良な人物を装ってインターネットに侵入!
悪魔の婚活サイト詐欺

善良な人物を装ってインターネットに侵入する、
悪魔の婚活サイト詐欺

狙われているのは、
結婚を真剣に考えている男女である。

昨今、
卑劣な結婚詐欺被害が増加している。

原因の一つとして挙げられるのは、
手軽に結婚相手を探せる、
婚活サイトの氾濫。

婚活サイトには、
現在数十万人が登録していると言われる中、
サギ師にとって、
格好の獲物探しをする場になっている。

婚活サイト詐欺に詳しい、
服部梢弁護士によると、
出会いやその後の関係を縮めて、
結婚という話を持ち込み、
いざ犯罪行為という流れで時間がかかったが、
婚活サイトが普及している現在では、
スピーディーに獲物を見つけて、
サギ師が犯罪行為に及ぶ事が出来る事が、
問題になっているという。

婚活サイトを使用する事で、
サギ師の手口が、
よりスピーディーで巧妙なものに変化している。

女が男を騙す

番組では実際にあった、
幾つかの婚活サイト詐欺の手口を、
混成した内容で紹介。

まずは男性を騙す、
女性の婚活サイトサギ師の話。

10年前、
妻に先立たれ、
ひとり暮らしをおくっていたAさん

日々の孤独からか、
再婚を考え婚活サイトに登録。

すると、
同じ市内に住む年下の女性と知り合った。

Aさんと女性は意気投合したが、
これはAさんを地獄へ落とす第一歩であった。

サギ師の手口①
スピーディーに事を運ぶ為
初デートで関係を築く

数日後、
その女性と会う事になったAさん。

現れたのは、
上品ながらも妖艶な雰囲気のある女サギ師。

女サギ師はAさんより一回り下の40代後半。

外見や年齢が、
自分とは不釣り合いと、
Aさんは諦めていた。

しかし女サギ師の好意的な言葉に、
Aさんは舞い上がった。

更に女サギ師は、
スピーディーに事を運ぶ為、
会ったその日のうちに、
Aさんと親密な関係になった。

サギ師の手口②
振込先だけ書いた謎のメールを送りつける!

下準備を終えた女サギ師は、
ついにAさんに牙を向く。

Aさんの元に、
女サギ師から振込先だけ書かれた、
謎のメールが送りつけられた。

サギ師の手口③
他の男性の影をチラつかせる

翌日、
心配になったAさんは、
事情を知ろうと女サギ師に会う事になった。

女サギ師はAさんの心を弄ぶように、
Aさんには振込先メールは送っていない。
と語った。

Aさんはこの回答に、
他の男性の存在を意識し始めた。

つまり、
口座番号と別の男性の存在を匂わせ、
女サギ師は相手の嫉妬心を煽ったのである。

サギ師の手口④
男性から援助を持ちださせるようにしむける

ではなぜ口座番号だけ送ったのだろうか。

これは、
文章を記載しない事で、
直接のお金の要求はされておらず、
事が明るみに出ても、
詐欺行為や恐喝行為の立証を困難にし、
罪に問われないようにする為である。

それにも関わらず、
Aさんは何か金銭面で困っているのではないかと。
女サギ師に質問。

結局、Aさんは女サギ師の借金返済という理由の為、
お金を振り込んでしまった。

その後も、
振込先だけのメールが続き、
9ヶ月で総額1000万円近くの大金を貢いでしまった。

男が女を騙す

続いて女性を騙す、
男性の婚活サイトサギ師。

都内に住むBさんは、
三十代半ばにして、
結婚に焦りを感じ始めていた。

この日、
婚活サイトで知り合った男性に、
初めて会う事になった。

Bさんがこの男性を選んだ理由は、
真面目そうな風貌。

しかしこの男性こそ、
卑劣な結婚サギ師である。

サギ師の手口①
金銭に詳しい職業を名乗る!

その手口は、
結婚を意識する女性なら、
まず必ず聞く質問に答える事から始まる。

それは、
仕事は何をしている?」というもの。

男サギ師は、
ファイナンシャル・プランナーと、
金銭に詳しい職業を名乗った。

サギ師の手口②
突然真剣に説教を始め
心配している事をアピール

そして、
男サギ師は資産運用のコツを教えると語り、
Bさんにクレジットカードを何枚持っているか尋ねた。

Bさんが「5枚」と回答すると、
男サギ師は態度を一変させ、
そんなに持っていたら信用会社からの評価を落とすと、
Bさんを心配するフリをして説教を始めた。

サギ師の手口③
金銭管理を口実に手持ちのカードを全て奪う

更に男サギ師は、
カードを預からせてもらって、
知り合いの会社で上手くまとめようかと提案。

金銭管理を口実に、
Bさんのカードを全て奪った。

篠田恵里香弁護士によると、
これまでの結婚詐欺は、
「お金を貸して」という類が多かったが、
最近は「投資してくれれば」や、
「ファイナンシャルやってあげる」、
といった類の話がされ、
とかくお金にまつわる話には注意が必要だという。

結局Bさんは、
男サギ師にカード5枚分、
総額300万円を引き出されてしまった。

婚活サイト詐欺の対策

クロサギ原案者の夏原武は、
婚活サイト詐欺に合わない方法を明かす。

男性にしろ女性にしろ、
相手に夢中になってしまうと、
何も見えなくなってしまう。

そういう時は、
第三者を交えて意見を聞く事で、
冷静な判断が出来る。

レビュー

恋は盲目と言いますから、
例え第三者が介入したとしても、
なかなか自分が騙されている事は、
信じたくないからこそ難しい問題ですね。

深く相手の事を好きになる前に、
付き合いが浅い段階から、
相手の素性を知る事が重要なのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ