相葉マナブ|おでんの語源・ルーツは田楽!静岡おでんが黒い理由・全国各地のご当地おでん!

※相葉マナブ 2013年12月8日放送分より

今回のテーマは、
究極のおでんを作れ!!」。

ただ煮込むだけではない、
正しい順序で具材を鍋に並べ、
配置に気を配るだけで究極の美味しさになる。

おでんの語源とは?

なぜ「おでん」と呼ばれるのだろうか?

明治時代には現在の形になっていたと言われる「おでん」。

そのルーツは室町時代にあった、
田楽のような食べ物である。

田楽を丁寧に言う言い方である、
「おでんがく」が由来という説がある。

全国各地の様々なおでん

おでん研究家のフリーライター新井由己さんから、
おでんのうんちくを学ぶ。

おでんのイメージは全体的に透明のつゆになっているが、
実はこれは東京生まれで、
各地に特徴があったりする。

例えば有名な所では「静岡おでん」。

静岡おでんは見た目も真っ黒で、
その黒さは牛すじの出汁から出ている。

味は見た目ほど濃くはなく。

だし粉・青のり・味噌タレと3つトッピングがあり、
好みの物を選ぶ事が出来る。

隣の愛知県・名古屋市のおでん更に真っ黒で、
八丁味噌で煮込んでいる

また、沖縄県も熱いのでおでんは無さそうであるが、
実はかなりの数のおでん屋さんが存在する。

一番特徴的なのは、
カツオダシを使用していて具に豚足が入っていて、
テビチのちょっとこってりした感じを楽しめる。

他にも北海道ではウニ
兵庫県では明石産のタコ
京都では京野菜など、
各地の特産品をおでんにする事が多い。

北海道の日本海側では、
長方形の長いさつま揚げがおでんに使用され、
その地域の住民から「マフラー」という名称で呼ばれている。

レビュー

静岡おでんは私も、
以前から気になってはいたんですよね。

見た目から非常に、
味が濃そうなイメージを持っていましたが、
実際はどうもそうではないようですね。

もう少し調べてみると、
静岡おでんが黒くなる理由は、
牛すじ出汁を使っている事も勿論なのですが、
出汁を継ぎ足しで使っているからだとか。

という事は、
それまで茹でたおでんの出汁も、
出ているので、
その他の地方のおでんと比較すると、
非常に濃厚な出汁が出ているという事ですね。

また具材に黒いはんぺんを入れているのも、
静岡おでんが黒い理由の一つだとか。

ちなみにこの黒はんぺんが黒い理由は、
青魚をメインに使っているからだそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “相葉マナブ|おでんの語源・ルーツは田楽!静岡おでんが黒い理由・全国各地のご当地おでん!”

  1. Title より:

    Title

    […]Every the moment inside a when we pick out blogs that we study. Listed below are the most up-to-date web pages that we select […]

  2. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  3. Title

    […]usually posts some pretty intriguing stuff like this. If you’re new to this site[…]

  4. Title

    […]we like to honor lots of other web sites on the internet, even when they aren’t linked to us, by linking to them. Below are some webpages worth checking out[…]

  5. Title

    […]Sites of interest we’ve a link to[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ