今、この顔がスゴい|冬服の着こなしで小顔効果!顔の巨大化を防ぐファッションテクニック!タートルネック・ストールを上手に使う!

※今、この顔がスゴい! 2013年11月28日放送分より

今回は冬のファッションの悩み、
全部解決スペシャル。

仁科仁美の冬服の悩み
「顔の大きさ」

仁科仁美は顔が大きいので、
冬服で顔をスッキリさせて、
小顔に変身したいという悩みを告白。

この悩みを解決するのが、
大きな顔が小顔に大変身、
冬服で顔がスッキリできるファッションテクニック」である。

そのファッションテクニックを紹介してくれるのが、
スタイリスト歴26年の鬼塚美代子

これまで夏帆などのスタイリングを手掛けてきた、
鬼塚美代子が仁科仁美の大きな顔を、
ファッションテクニックでなんとかする。

鬼塚美代子によると、
冬服を着ると、
顔の大きさが気になる女性は結構多いという。

実際に街の女性100人に、
冬のファッションの悩みを聞くと、
冬服を着ると顔が大きく見える」、
という悩みは第5位にしっかりランクイン。

この原因になっているアイテムが2つ存在する。

女性たちの顔を巨大化させるアイテム

そのアイテムを教えてもらう為、
スタイリスト御用達の、
衣装レンタル店「マナマナ」へ。

ここはレディースからメンズまで、
国内外の有名ブランドの衣装が、
約4万着も揃っている。

欲しい衣装が必ず見つかるという、
プロも一目置く人気店である。

通常はスタイリストしか利用出来ないが、
ネット販売なら一般の人も利用可能。

そして、
女性たちの顔を巨大化させる、
危険アイテムとして、
タートルネック」「ストール」を紹介。

この2つのアイテムは、
使い方を間違えたら、
首の部分が詰まって顔が大きく、
浮き上がって見えてしまう。

タートルネック・ストール
上手に使いこなすファッションテクニック

鬼塚美代子が、
顔を巨大化して見せてしまう、
タートルネックとストールを、
上手に使うファッションテクニックを紹介。

誰でもマネできる!
タートルネックで小顔に!

まずはタートルネックを着ても、
小顔に見えるテクニックを紹介。

それはタートルネックを選ぶ際に、
首がゆったりとした、
色の明るいものを選ぶ事である。

タートルネックといえば、
ピッタリとしたものを想像しがちだが、
鬼塚美代子曰く、
これが生地と顔の境目を消し、
顔の大きさを強調している。

逆に首のゆったりしたモノは、
顔のラインがはっきりしなくなり、
なおかつ目線も下にいくので、
顔の大きさが気にならなくなる。

またピッタリしたタートルネックが、
好きという場合は、
大きなアクセサリーを首につける事で、
バランスをとる事で小顔効果が生まれる。

誰でもマネできる!
ストールで小顔に!

そしてもう1つの危険アイテム、
ストールを使って、
小顔に見えるテクニックの紹介。

それはストールを、
ふんわり縦に長く巻く事である。

街の中でよく見かける、
首にただぐるぐる巻きにした巻き方は、
最もダメな巻き方である。

ストールと顔の境目がハッキリするだけでなく、
首周りのシルエットが大きくなる事で、
顔をより大きく見せてしまっている。

逆に首元にゆとりをもたせて、
ふんわりと縦長に巻くと、
首を出す事で顔全体がスッキリ見えるだけでなく、
縦のラインが強調される事で、
顔が大きく見えない。

巨大顔が流行アイテムでスッキリ小顔に!

仁科仁美が鬼塚美代子によって、
スタイリングされて登場。

変化のポイントは、
上述のように首元がゆったりしたタートルネック、
そしてインナーに襟付きのシャツを合わせた。

シャツを取り入れる事で、
首元にVラインを作って顔の巨大化を、
スッキリ小顔にチェンジさせた。

更に上下の服のビビットカラーは、
目線を顔からずらす効果がある。

レビュー

タートルネックとストールという、
冬の二大アイテムが顔が大きく見える原因というのは、
ちょっとショッキングな情報でしたね。

ストールに関してはいくらでも調整が効きますが、
既に首の締まったタートルネックを、
購入してしまった方にとっては悪い知らせかもしれませんが、
派手目のネックレスをつけたり、
ボトムスを履くなど、
視線を顔からそらすテクニックを用いれば、
問題はないようなので、
そちらと併せて着用してみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ