やりすぎ都市伝説・冬|関暁夫「エヴァンゲリオンとフリーメイソンの関係!主人公の碇シンジに表れるロゴマーク!」

※ウソかホントかわからない!やりすぎ都市伝説SP・2012冬 2012年12月21日放送分より

嘘か本当か分からない都市伝説を、
都市伝説テラー達が明かす。

エヴァンゲリオンとフリーメイソン

都市伝説テラー・関暁夫は、
エヴァンゲリオンとフリーメイソンの関係について明かす。

前回の記事は「地球滅亡説の真相」に記載。

まず関暁夫が訪れたのは、
メキシコのマヤ遺跡であるエクバラン

ここにはある特別な彫刻がある。

それは人に羽が生えている彫刻で、
マヤの彫刻では羽が生えた物が多いが、
人に生えているのは非常に珍しい。

太古の昔、天と行き来した、
使者が存在していたのではないかと象徴化された物である。

使者と言えば、
日本のアニメの代名詞と言っても過言ではない、
新世紀エヴァンゲリオン」がある。

エヴァンゲリオンと言えば、
様々なメッセージが込められたアニメとして有名だが、
主人公の碇シンジという名前に対して、
フリーメイソンのロゴマークが刻まれている。

」という文字は「石工の定規」という意味を表し、
碇シンジの母碇ユイが定規としてまず表されている。

また「コンパス」を表すのは「六分儀」であり、
碇シンジの父碇ゲンドウ旧姓六分儀である。

父が「コンパス」である「六分儀」
母が「石工の定規」である「碇」
それが重なって出来るのがフリーメイソンのマーク

そしてその2人の子どもは、
神の児という意味で「シンジ」なのである。

またエヴァンゲリオンの映画が、
この2012年の末に公開されたのも注目すべきいけないポイントである。

このアニメで最後の使者というモノが何なのかと言えば、
渚カヲルという登場人物が出てくる。

その「」という字を「ヘン」と「ツクリ」に分けたら、
シ者(シシャ)」という文字になる。

更に「カヲル」という文字を50音で上に一文字ずつずらすと、
オワリ」という文字が浮かび上がってくる。

終わりを告げる者は、
始まりを告げる者であり、
破壊された後に、
再生される物がある。

続きは「第6の時代の始まり」の記事に掲載。

レビュー

都市伝説芸人・関暁夫さんの書籍は、「関暁夫の都市伝説」をはじめ、
今のところ4巻まで発売されておりますので、
興味ある方はお買い求め下さい。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ