解禁!暴露ナイト|北朝鮮の本当の姿!最新デジタル事情、テレビ番組事情、お給料・サイドビジネス事情を暴露!

※解禁!暴露ナイト 2012年12月20日放送分より

北朝鮮ジャーナリストが
意外過ぎる北朝鮮の最新事情を大暴露!

北朝鮮ジャーナリストの高英起が、
意外過ぎる北朝鮮の最新事情を大暴露する。

高英起は日本で唯一毎日、
北朝鮮の最新情報を発信している、
デイリーNKの東京支局長を務める。

最近では金正恩体勢の実質ナンバー2と言われていた、
張成沢失脚について各メディアが、
12月に入ってから報道したのに対し、
既に11月12日の時点ですっぱ抜いていたという実績を持つ。

北朝鮮からどのように最新情報を入手しているのか?

外部の情報は遮断され、
言論や表現の自由が厳しく、
制限されている謎の多い国・北朝鮮。

そんな北朝鮮から、
どのように最新情報を入手しているのだろうか。

昔は北朝鮮から中国の方に旅行とか、
商売で来る人がいたので、
その人を記者が捕まえて、
「最近どうなってるの?」と、
聞いてみたりしていた。

しかし最近は最新情報は、
携帯電話を使って北朝鮮国民から、
直接入手しているという。

今現在北朝鮮では携帯電話は普及してきていて、
その数は200万台ほどになる。

世帯数でいえば3~4世帯に1台の計算となり、
そこそこの普及率になる。

北朝鮮は、
情報が閉鎖されてしまっているので、
喋りたい北朝鮮国民は凄く多いという。

しかし情報を話すのには危険が伴うので、
例えば「金正恩」という人物名は明かさずに、
太った人」という様な隠語を用いている事が明かされた。

北朝鮮の本当の姿!①
最新デジタル事情

パソコンは一応北朝鮮にも存在し、
100万台くらい普及はしているが、
外部の情報が入らないように、
インターネットが繋がらない。

だから北朝鮮のパソコンは、
昔の日本のパソコンみたいな形で、
ワープロやゲーム、DVDプレーヤーとして活用している。

但し、携帯電話同士のショートメールというのは、
出来るようになっていて、
絵文字なども用いられている。

それだけでなく、
日本でも大人気のタブレットまで登場している。

北朝鮮版タブレットは「アリラン」と呼ばれ、
日本のタブレット同様にタッチパネルで操作出来る。

北朝鮮の本当の姿!②
テレビ番組事情

アナウンサーの話し方が特徴的な、
北朝鮮のニュース番組。

実はこの放送に対して、
北朝鮮国民の意外過ぎる反応がある。

北朝鮮国民も、
この特徴的なニュース番組を見て笑っているという。

また特にここ10年は、
北朝鮮にも韓流ドラマのビデオが沢山入ってきており、
北朝鮮国民は自分達の外の社会が、
どういう社会かというのは、
ある程度はわかってきている。

ちなみに最近では、
ニュース番組だけでなく、
ヨーロッパサッカーも放送されているという。

北朝鮮の本当の姿!③
お給料事情

北朝鮮では自ら職業を選ぶことはできず、
多くの市民が与えられた職務に従事

平均年収は日本円にして約12万円程である。

では北朝鮮国民はこのお金を、
どのようにやりくりしているのだろうか。

北朝鮮の本当の姿!④
サイドビジネス事情

日本では公務員の給料は良いとされているが、
北朝鮮の公務員の給料は最低水準。

そこで北朝鮮国民の多くが、
サイドビジネスに着手しているという。

特に最近人気のサイドビジネスは、
ダンスインストラクターで、
若いお金持ちの人が多く行っている。

または音楽大学出身の人なんかは、
ピアノを輸入して、
ピアノ教室を営んでいたりする。

普通に給料だけでは暮らしていけないので、
なんとかお金を得ようと必死だという。

レビュー

謎の国・北朝鮮といえば、
報道番組でよく取り上げられはしますが、
お固い内容ばかりで、
このような市民のカルチャーにフィーチャーした内容は、
なかなか取り沙汰されないので希少ですよね。

特に日本でも最新機器であるタブレットが存在するのは、
個人的には驚きでした。

しかしネットが使えないのに、
タブレットにどのような需要があるのかは、
いささか謎のままですけどね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

2 Responses to “解禁!暴露ナイト|北朝鮮の本当の姿!最新デジタル事情、テレビ番組事情、お給料・サイドビジネス事情を暴露!”

  1. Title

    […]check beneath, are some absolutely unrelated internet websites to ours, nonetheless, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  2. Title

    […]below you will discover the link to some web sites that we believe you ought to visit[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ