やりすぎ都市伝説・春|関暁夫「宇宙開発と宇宙時代!問題や脅威!宇宙ゴミ・地球外ウイルス!ロシアの対宇宙兵器!」

※ウソかホントかわからない!やりすぎ都市伝説SP・2013春 2013年4月17日放送分より

嘘か本当か分からない都市伝説を、
都市伝説テラー達が明かす。

宇宙開発と宇宙時代

都市伝説テラー・関暁夫は、
宇宙開発と宇宙時代について明かす。

前回の記事は「ロシア隕石落下事件の嘘・疑惑」に記載。

宇宙ゴミ

地球が抱える、
宇宙開発の問題や脅威は宇宙兵器だけではないと、
衛星に詳しい天文学研究所のリィフィロヴァ部長は言う。

リィフィロヴァ部長によると、
隕石だけが宇宙からの飛来物ではなく、
人間の手によって作られた、
人工衛星やロケットの残骸や破片、
すなわち宇宙ゴミである。

隕石ほどの落下速度はないが、
宇宙ゴミも地球に落下してくる可能性があるという。

地球の周りにある宇宙ゴミは、
現在100万個を超える数が存在していて、
いつ地球に落ちてもおかしくはない。

隕石に地球外ウイルス

更にリィフィロヴァ部長によると、
宇宙からの飛来物で最も恐ろしいものがあるという。

隕石は当然宇宙から来た物なので、
地球上には存在しない物質が含まれている可能性もある。

一番の脅威は、
隕石によってもたらされる「新たなウイルス」である。

隕石には地球外ウイルスが、
含まれている恐れがあると語るリィフィロヴァ部長。

確かに未知のウイルスの被害は想像は出来ない。

今回のロシア隕石落下事件は、
テレビやインターネット、専門家などで、
無数の説が存在している。

ロシアが持っている対宇宙兵器

そんな中、
Mr.都市伝説・関暁夫の見解はどうなのか。

今回の隕石落下事件で、
UFOらしきものが映っている映像があるが、
これはUFOではなく、
ロシアが持っている対宇宙兵器という説があるという。

今回の隕石は、
アメリカの宇宙兵器「ファルコンHTV-2」という見方がある。

その宇宙兵器による攻撃を、
ロシアが対宇宙兵器によって爆破しているという見方が出来る。

地球外から来た物に対してこのように、
防御出来るシステムがあるという
ある種のCMのような形になっている。

2013年新時代に突入してすぐに起きた、
ロシア隕石落下事件。

関暁夫がこれまで語ってきた宇宙時代の幕開けという事なのか、
果たしてそれは宇宙で巻き起こっている自然現象なのか、
もしくは秘密裏に計画された陰謀なのか、
それとも地球外からの攻撃なのか、
いずれにせよ世界中の人々が新たな宇宙に注目し始めている。

レビュー

都市伝説芸人・関暁夫さんの書籍は、「関暁夫の都市伝説」をはじめ、
今のところ4巻まで発売されておりますので、
興味ある方はお買い求め下さい。

そして今回の話ですが、
全3部に渡って掲載してあります。
前記事は

に掲載れています。

人類の文明は驚くべき速さで進歩し、
日夜利便性を増していますが、
同時にその問題や脅威が、
存在する可能性があるという事ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ