《今、この顔がスゴい!》倉本康子 綺麗な部屋をキープ出来る片付けテクニックを紹介!2つのポイントで部屋の汚さを解消!

※今、この顔がスゴい! 2013年11月7日放送分より

雑誌やイベント、ファッションショーで活躍する、
現役モデル70名にアンケート調査を実施。

すると、現役モデルであっても、
美に関する悩みを驚く程抱えていた。

そこで今回は、
そんな現役モデル達の悩みから、
悩みの解消術を紹介する。

物が多くて部屋がいつもキタない」という、
現役モデルの悩みを紹介。

ある20代女性の調査では、
「自分の部屋がキタナイと思いますか?」
という質問に女性の半数以上が「YES」と答えている。

また別の調査では、
20代女性の3人に1人しか、
恋人がいない事が明らかになっている。

つまり、
20代女性の多くは恋人を家に招き入れる機会が少なく、
部屋を綺麗にしなければいけない、
という意識が薄くなっていると言える。

そこでたった2つのポイントで解消出来る、
綺麗な部屋をキープ出来る片付けテクニックを紹介。

たった2つのポイントで解消!
キレイな部屋をキープできる片付けテクニック

このテクニックを教えてくれるのは、
現役モデルであり、
整理・収納の達人である倉本康子である。

倉本康子はモデルの経験を活かした、
ファッション性の高いインテリア術が、
多くの女性誌で取り上げられ今話題を呼んでいる。

こんな倉本流の片付け術を、
部屋が片付かないと悩む現役アイドル・光上せあらで実践。

ポイント①
部屋を広く見せる

部屋を綺麗な状態にキープできるテクニック、
1つ目のポイントは部屋を広く見せる事

そもそも部屋が汚く見えてしまう原因は、
部屋の広さが感じられない為である。

家具など目線を遮る物があるだけで、
部屋を広い空間と認識できず、
心理的に狭く汚いという印象を与えてしまう。

つまり、家具などを目線が遮らない場所に移動しただけで、
奥行きが感じられ部屋が広く見えるようになる。

ポイント②
ゾーン分け

部屋を綺麗な状態にキープできるテクニック、
2つ目のポイントはゾーン分け

物を使う場所を限定して、
関係あるものしか置かないようにするのである。

すると、
乱雑に見える部分が減り、
綺麗だという印象を与える事が出来る。

例えばメイクに使う物は一箇所にまとめるようにする。

この仕分け作業中に、
透明のケースに収納すると、
戻す場所がわかりやすくなるのでオススメである。

ゾーン分けは、
化粧品を使ったとしても、
戻す場所が決まっているので綺麗さをキープ出来る。

部屋を広く見せるアイテム「ペーパーポンポン」

また倉本康子は、
部屋を広く見せるペーパーポンポンというアイテムを紹介。

部屋というのは目線が下に行きがちで、
下の方でしか広さを認識していないが、
ペーパーポンポンを天井に吊るす事で、
床だけでなく天井にも視線が動くようになるので、
空間を認識し部屋を広く感じられるようになる。

《もうちょっと調べてみた&所感》

今回の片付け術ですが、
ゾーン分け」という方法は非常に良いですね。

整理整頓という言葉がありますが、
整理は部屋を不要なモノと、必要なモノに分類し、
綺麗にする事を言います。

一方で整頓とは必要なモノをいつでも取り出せるよう、
配置させる事を言います。

部屋が整理されている人は実際結構多いとは思うのですが、
整頓まできちんとやれている人って少ないのではないでしょうか。

この「ゾーン分け」という手法を使えば、
整頓もきちんと出来ますからね。

他の収納術と異なり、
難しい事はないと思うので、
部屋の狭さが気になった場合は実践してみて下さい。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

4 Responses to “《今、この顔がスゴい!》倉本康子 綺麗な部屋をキープ出来る片付けテクニックを紹介!2つのポイントで部屋の汚さを解消!”

  1. efcaxdszdfszgd より:

    Title

    […]below you will uncover the link to some sites that we assume you should visit[…]

  2. Title

    […]one of our guests lately suggested the following website[…]

  3. Title

    […]the time to study or stop by the subject material or internet sites we have linked to below the[…]

  4. Title

    […]we like to honor several other web web pages around the internet, even if they aren’t linked to us, by linking to them. Under are some webpages worth checking out[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ