《相葉マナブ》究極のおにぎり作り⑤「お米は土鍋で炊き上げる!美味しいご飯の炊き上げ方とは?」

※相葉マナブ 2013年10月27日放送分より

今回のテーマは「究極のおにぎりを作れ」。

日本は今、新米の季節。

そこで、お米と塩と海苔、
シンプルに素材にこだわり抜いて作ると、
どれほど美味しいおにぎりが出来るのか学ぶ。

前回の「お米の研ぎ方」に関する記事はコチラに記載。

究極のおにぎり作り
土鍋で炊く

究極のおにぎり作りに使用する、
ご飯は土鍋で炊き上げる。

ご飯を炊く際に使用する水の分量の目安は、
米の分量の1.2倍である。

しかし、新米の場合は、
お米がそもそも水を十分に含んでいるので、
少し水を減らした方が良い。

お米と水を土鍋に入れて、
お米を平らにならしたら、
30分ほど浸水させる。

ふっくら炊きあげるには、
しっかりと水を吸わせてあげる事が大事である。

究極のおにぎり ポイント⑤
ゆっくり沸騰させると良い

そして、
次に火を起こし炊いていく。

最初は中火でお米と水の入った土鍋を温めていき、
沸騰するまで待つ。

まとめると、
土鍋炊きの時間は、
浸水30分→中火10分→弱火15分→蒸らし15分である。

究極のおにぎりポイント⑥
表面に穴があく炊き方が最高

最終段階の蒸らし
土鍋のフタの穴を菜箸(さいばし)で塞ぎ、
鍋から水分が出るのを防ぎ15分間待つと良い。

最後に30秒間強火で炊くと、
おコゲも付くのでおすすめである。

炊き上がったら、
土鍋のフタをとる。

すると炊き上がったご飯の表面に、
穴があいている事があるが、
表面に穴があく炊き方が最高の炊き方だという。

ご飯を冷凍するタイミング

ちなみに、
ご飯を冷凍するタイミングは熱々の時がベストである。

お米は温かいまま冷凍すると、
モチモチの状態をキープする性質がある。

ご飯を熱々の状態で冷凍すると、
解凍してもモチモチ感がキープされるという。

続きの「おにぎりの握り方」に関する記事はコチラに記載。

《もうちょっと調べてみた&所感》

究極のおにぎり作りは、

と本記事を含めると6部構成になっています。

そして今回の話ですが、
土鍋炊きでご飯を炊くことに、
憧れている方は多いはず。

しかしながら面倒臭そうという思いが、
それを邪魔しているのではないでしょうか。

実は、炊飯器よりも、
土鍋炊きの方が時間は短く済むそうですよ。

勿論、今回紹介された方法、
例えば15分間蒸らすだとかを忠実に実行していたら、
その限りではありませんが。

今は炊飯器も良いモノが出ていますが、
非常に高価ですからね。

安価で美味しいご飯を食べたい人は、
これを機に土鍋炊きに挑戦してみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

2 Responses to “《相葉マナブ》究極のおにぎり作り⑤「お米は土鍋で炊き上げる!美味しいご飯の炊き上げ方とは?」”

  1. Title

    […]Here is an excellent Blog You may Uncover Exciting that we Encourage You[…]

  2. Title

    […]The information and facts talked about in the report are a few of the top accessible […]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ