《深イイ話》椿鬼奴が突然カラスに襲われた!危険生物・カラスはヒナを守るため凶暴化!賢いカラスを怒らせると恐い!回避法は?

※人生が変わる1分間の深イイ話 2013年10月21日放送分より

今回は身近な危険回避法スペシャル。

椿鬼奴が突然襲われた!
カラスを怒らせた理由

それは5月のこと、
椿鬼奴は毎朝自宅近くの神社へ、
お参りに行くのが日課である。

だがその日は、
賽銭箱の上にカラスが2羽、
まるで狛犬のようにとまっていた。

しかし大事なお参り。

やめる訳には行かず、
願掛けを終え、恐る恐る立ち去った。

その時、椿鬼奴はいきなり背後から、
カラスに襲われた。

慌ててお店に駆け込み、
トイレの鏡を見ると、
頭に血が出るほどの傷を負っていた。

数日後、神社近くの商店街を歩いていると、
なんとその時のカラスがすぐ側の電柱から、
椿鬼奴の事を見ていた。

実は4~6月はカラスの子育ての時期である。

巣立ちする7月まで、
子供を守る為、
カラスは警戒心が強くなる。

しかし椿鬼奴のケースでは近くに巣はない。

一体なぜ椿鬼奴を襲ったのか。

そこにはカラス特有のある理由があった。

カラスはヒナを守るために凶暴に!

日本鳥類保護連盟の室伏友三理事によると、
カラスは地上でヒナを育てる事もあるという。

子育て期にはヒナや幼鳥がよく巣から落ちる。

カラスの親はそのヒナを、
神社の社殿の下や植え込み等、
ひと目につかない場所で育て上げる事が往々にしてある。

地上は犬や猫に襲われたりと、
危険がいっぱいある。

人間が気付かずにそこに近付けば、
親ガラスにとってヒナに近付く超危険生物なのである。

すると、警戒心はMAXとなる。

凶暴になったカラスの回避法は?

実はカラスは知能が高く、
自動車を利用してクルミを割ったり、
ビンの蓋を利用して屋根でスキーを楽しんだりする。

そんな利口なカラスからの回避法として、
椿鬼奴はパーカーを着用

カラスを見かけた時はフードを被って身を守っている。

プロナチュラリストの佐々木洋によると、
カラスに狙われた時は、
傘を持った方が良いという。

カラスは上空の後方から来るので、
傘を差すとよく見えないので安全で効果的。

また、カラスはしっかり顔を覚えているので、
服装を変えても絶対に分かってしまう。

つまり、
1回襲われたら気を付けなくてはいけなくて、
顔を見せない事が凄く大事だという。

更にカラスは情報を伝達し、
その地域のカラスから集団で狙われる事もあるという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

カラスの頭の良さは、
以前から有名ですし、
ご存知の方も多いでしょう。

しかし顔までしっかり覚えていたり、
集団で特定の人物をマークしてしまう程、
賢いとは想像も出来ませんよね。

ちょっと調べてみますと、
確かに実際にカラスを一回邪険に扱ったり、
酷い目に合わせてしまうと、
かなり敵視され、監視されてしまう事もあるようです。

とはいえ、
自身の何倍も体の大きな人間に対し、
余程の事がない限り真正面から、
襲ってはこないらしいですが、
賢いがゆえに後方からの奇襲攻撃は十分にあり得るそうです。

もし万が一カラスに目を付けられてしまったと感じたら、
しばらく大人しくして、
背後の警戒を怠らないようにする事が懸命と言えるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

One Response to “《深イイ話》椿鬼奴が突然カラスに襲われた!危険生物・カラスはヒナを守るため凶暴化!賢いカラスを怒らせると恐い!回避法は?”

  1. Title

    […]Here are a number of the web sites we advocate for our visitors[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ