《シルシルミシル》グリコは他社のやらない「すき間」商品を次々開発!「ごはんによくあう。麻婆玉子」「ラーメン風はるさめ」

※シルシルミシルさんデー 2013年10月13日放送分より

世の中の様々な商品の中には、
疑惑を持ちたくなるものがある。

そんな商品・会社に関する疑惑を調査する。

グリコは他社がやらない「すき間」商品を次々開発

朝食向きのウインナーなど、
隙間を狙った戦略で強豪メーカーに立ち向かうグリコ

グリコの朝食用ウインナーはコチラの記事に記載。

すき間商品①
「ごはんによくあう。麻婆玉子」

他にも「ごはんによくあう。麻婆玉子」のような、
麻婆豆腐と玉子を合わせたお惣菜用の商品を出している。

これは軽く炒めた玉子に、
レトルトパックに入ったタレと、
水を加えただけで完成するお惣菜の素。

麻婆豆腐の素」や「かに玉の素」は、
他の大手が一杯商品を出している。

「麻婆玉子」はそのすき間を狙った商品である。

すき間商品②
「ラーメン風はるさめ」

更に「ラーメン風はるさめ」といった、
ニッチな商品もある。

ダイエット中だけどラーメンが食べたい人を、
狙った商品である。

スーパーのはるさめコーナーに陳列されても、
ひときわ目を引く一品。

麺はラーメンっぽいが、
正真正銘のはるさめで、
かぼちゃの粉を入れる事で、
ラーメンっぽい黄色にしている。

スープを全部飲み干しても、
たったの151kcalである。
※コク旨醤油味の場合。

《もうちょっと調べてみた&所感》

このグリコの展開する戦略は、
マーケティングの世界では、
ランチェスター戦略と呼ばれる方法です。

この戦略は弱者が強者に立ち向かう為の戦略です。

※ランチェスター戦略の詳細は、
ランチェスター戦略」をお読み下さい。

お菓子メーカーとしては不動の地位のグリコですが、
その他の食品分野においては、
味の素や永谷園といった強豪には及びません。

その為、
隙間の市場を狙い、
その分野での市場シェアを広げる戦略です。

簡単に言えば、
上述された商品の例のように、
通り他社がやらない市場を、
どんどんと開拓していってしまう手法の事です。

個人的には、
江崎グリコ程の大きな会社が、
このランチェスター戦略を取り入れている事に驚きました。

大手企業といえど、
きちんとハングリー精神を持って戦っているという事実は、
中小・零細企業の励みになりそうですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《シルシルミシル》グリコは他社のやらない「すき間」商品を次々開発!「ごはんによくあう。麻婆玉子」「ラーメン風はるさめ」”

  1. Title

    […]we came across a cool internet site which you may well take pleasure in. Take a search in the event you want[…]

  2. Title

    […]very handful of websites that occur to become comprehensive below, from our point of view are undoubtedly nicely really worth checking out[…]

  3. onhaxx.me より:

    onhaxx.me

    […]just beneath, are several totally not related web sites to ours, even so, they are surely really worth going over[…]

  4. OnHax より:

    OnHax

    […]Here are a few of the sites we advocate for our visitors[…]

  5. Title

    […]although websites we backlink to beneath are considerably not connected to ours, we really feel they’re in fact worth a go by means of, so have a look[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ