世界一受けたい授業|鉄棒の逆上がりのコツを掴む練習方法!2時間で出来るポイント!

※世界一受けたい授業 2013年10月12日放送分より

今回は人は短期間でどれだけ変われるかスペシャル。

たった2時間で鉄棒の逆上がりが出来る方法

小学校で習う鉄棒の逆上がり

しかし凡そ30年前の1984年と比べると、
逆上がりが出来る小学生の割合は16%もダウンし、
ほぼ4人に1人が出来ない計算になっている。

しかし、
文部科学大臣優秀教員賞を受賞した、
春日市立春日南中学校の下野六太先生によると、
コツさえ掴めば逆上がりは誰でも出来るという。

今回は小学校の時に、
誰もがつまずいた逆上がりのコツを伝授する。

下野先生曰く、
たった2つのポイントさえ抑えれば、
逆上がりは出来るようになる。

1つ目のポイントは、
腕をしっかり曲げる事である。

自分の体重を上手く支えられず、
腕が伸びて失敗してしまう。

これを直すのに効果的なのが、
腕を曲げて、鉄棒にぶら下がる練習である。

これにより、
腕を曲げた状態で体を支える感覚を養うという。

2つ目のポイントは、
足を上げる方向である。

くるんと逆上がりを回るには、
鉄棒を超えるイメージで足を出す事が必要である。

逆上がりが出来ない人は鉄棒より、
遠くに足を投げ出している。

これを直すには振り上げる足で、
鉄棒の上にボールをイメージして、
それ蹴るように自然と足を誘導してあげる。

この2つのポイントを同時に練習できる道具として、
柔道の帯(ベルトでも代用可)を紹介した。

この帯で鉄棒を中心とした円運動が出来るようになる。

使い方は腰と鉄棒を繋いで、
逆上がりをするだけである。

こうする事で、
腕を曲げて、足を振り上げるので、
成功した時の感覚を覚える事が出来る。

レビュー

番組では65歳の丘みつ子さん、
そして運動が苦手だという10歳の青木頸都くんが、
こちらの方法で挑戦し、
双方共に成功させておりました。

青木頸都くんの方は、
2時間でとはいきませんでしたが、
それでも1週間で逆上がりを克服。

青木くんもそうですが、
65歳にして逆上がりを成功させる丘みつ子さん凄すぎます。

お子さんが逆上がりが出来ずに悩んでいるような場合は、
是非、このポイントと練習方法を教えてあげてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ