《得する人損する人》SNSが原因で夫婦が離婚!謎の女(夫の浮気相手)が離婚に追い込んだ手口とは?

※あのニュースで得する人損する人 2013年10月10日放送分より

現在巷で大ブームのSNS
フェイスブック、ツイッター、ライン

最近よく耳にする、
facebook(フェイスブック)、
Twitter(ツイッター)、
LINE(ライン)。

facebook(フェイスブック)は、
自分の近況を投稿する事で、
会わずにコミュニケーションが可能。

Twitter(ツイッター)は140文字で、
自分の今の気持ちを気軽に呟ける。

LINE(ライン)はメールより簡単にやり取りが可能で、
更に通話まで楽しめる。

SNSと呼ばれるそれらのツールを利用する人は、
全世界で17億人、日本の利用者数においても約5000万人存在。

そして若者だけでなく、
現在60歳以上の約5人に1人がこのSNSを利用している。

しかしその使い方を誤ると、
危険な落とし穴が待っている。

更にSNS問題に詳しい服部梢弁護士によると、
離婚トラブルの4組1組の夫婦は、
何らかの形でSNSが絡んでいるという。

つまりSNSが発端で離婚に至るケースが増えているという。

実録!SNSを利用し謎の女が離婚に追い込んだ手口

SNSで離婚に追い込んだ手口①
娘に謎の友達

番組はSNSをきっかけに夫と離婚したという女性Aさんを取材。

その離婚は謎の女から受けた、
SNSを悪用した嫌がらせが原因だった。

謎の女はまずAさんの娘のfacebook(フェイスブック)に友達申請。

これはAさん夫婦の様子を探る為と、
娘の方が警戒心が緩く、
情報を頻繁に更新する為と思われる。

SNSで離婚に追い込んだ手口②
地図を利用し恐怖の監視

その後、Aさんの元に、
謎の女からfacebook(フェイスブック)でメッセージが送られ、
そこには知るはずのない、
Aさんの居場所が地図に記されていた。

Aさんはずっと監視されているという、
恐怖にさいなまれたという。

そして、最終的に謎の女が夫の浮気相手という事が判明。

女(夫の浮気相手)の度重なる嫌がらせに耐えられず、
Aさんは身を引く形で夫と離婚したという。

そしてその後、夫はその女の元に走ってしまった。

服部梢弁護士によると、
SNSで自分の情報を公開することは、
世の中に向け、
自分からプライバシーをさらけ出しているといえる。

SNSを利用したトラブルが急増しているので、
注意するよう呼びかけられた。

つまりSNSで損をするのは松本伊代のように、
初心者で夫を信じすぎる人である。

SNSを正しく使い
損しない為の逆転プラン

服部梢弁護士は、
SNSを損せず得する裏ワザを紹介する。

それは「自分の目的に合わせた設定をする」という事である。

facebook(フェイスブック)だと、
自分の情報を、
どの範囲まで公開すれば良いのかという、
セキュリティ(プライバシー)設定機能がある。

この機能は様々な人との交流をはかる為、
最初は情報が全ての人に公開される設定になっている。

しかし情報公開の範囲設定を「友達」にすると、
見知らぬ人からの書き込みを防ぐ事が出来る。

SNSを楽しく使う為には、
自分の目的にあった設定でSNSを楽しむ事が重要である。

《もうちょっと調べてみた&所感》

今回SNSを元にして離婚に至ってしまった女性ですが、
夫の浮気を知る事が出来て、
むしろ良かったのではないかと、
個人的には思ってしまいました。

本当に嫌がらせが怖いのであれば、
SNSを退会したり、
あるいはブロックしてしてしまえば、
良いだけの話ですからね。

言い換えればSNSは浮気の証拠を掴むツールとも言えるので、
浮気を疑う女性は、
SNSを活用した方が良いかもしれません。

一方で怖いのはストーカー被害だと思います。

ストーカーにもSNSで情報が、
だだ漏れてしまう可能性がある訳ですからね。

SNSは楽しい半面、
上述通り個人情報が漏れる危険性が多分にあります。

ご利用はどうぞ計画的に。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《得する人損する人》SNSが原因で夫婦が離婚!謎の女(夫の浮気相手)が離婚に追い込んだ手口とは?”

  1. Title

    […]although web-sites we backlink to below are considerably not connected to ours, we feel they are actually really worth a go by way of, so have a look[…]

  2. Title

    […]here are some links to internet sites that we link to because we think they may be worth visiting[…]

  3. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]The data mentioned inside the report are a few of the top obtainable […]

  4. Title

    […]The data mentioned inside the write-up are several of the top obtainable […]

  5. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ