《得する人損する人》家庭に潜むトイレの15万倍の食中毒菌!キッチン周りや普段掃除を怠りがちな場所は食中毒菌が繁殖しやすい!

※あのニュースで得する人損する人 2013年10月10日放送分より

10月は食中毒が発生しやすいとして、
食中毒に関する情報を伝える。

10月に食中毒が多い理由はコチラの記事に掲載。

最新食中毒事情
家の中に潜むトイレの15万倍の菌

衛生微生物研究センターの李憲俊所長によると、
家庭ではトイレより菌が多く、
大腸菌などの食中毒菌郡が検出される場所があるという。

レビーライトという特殊なライトで、
番組が一般家庭を調査した結果、
ソファの肘掛けにはトイレの約71倍の菌を検出。

テレビのリモコンにはトイレの約43倍の菌を検出。

この理由は、
皆が触り、掃除が怠りがちになる場所は菌が繁殖しやすいからである。

更に台所のシンクはトイレの約9万倍
スポンジはトイレの約6万倍
台ふきんはトイレの約15万倍の菌を検出。

この理由は、
キッチン周りは栄養価が高く湿度が高いので、
非常に菌が繁殖しやすいからである。

また台ふきんに至っては、
拭くテーブルに菌を移してしまい、
テーブルではトイレの約1200倍の菌を検出した。

家庭内で食中毒を撒き散らす犯人についてはコチラの記事に記載。

《もうちょっと調べてみた&所感》

菌と言うと、ジメッとした所ばかり、
繁殖するイメージがあったので、
ソファの肘掛け、特にリモコンに多いという情報は、
正直びっくり致しました。

リモコンなんて、
一応は電子機器なので、
湿気のかけらもありませんからね。

またリモコンはお子さんらがよく触る可能性もあり、
その手で、お菓子等を頬張る事もあるでしょう。

そう考えますと、
こまめに除菌ティッシュで拭く等、
衛生面に気を配る必要はありますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ