《みんなの家庭の医学》西郷輝彦に学ぶ胃のウォーミングアップ方法!胃の働きを活性化させ、消化を良くし、若さを保つ方法とは?

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年10月8日放送分より

誰もが憧れる若々しさ。
それも見た目だけでなく身体の内側も若く健康でいられれば、
言うことはない。

今回はそんな夢の様な身体を持つ大物有名人に密着し、
これまで明かされてこなかった若さの源を、
日本が誇る名医が徹底解明する。

西郷輝彦に学ぶ胃を若く保つ方法
胃のウォーミングアップ法!

胃のスペシャリスト、
兵庫医科大学の三輪洋人先生は、
コチラの記事で紹介した、
若々しい胃を保つ・西郷輝彦の胃のウォーミングアップに注目。

胃の若さに繋がる、
胃のウォーミングアップ」とは、
胃に食べ物を入れる前に、
受け入れる準備をする事である。

胃のウォーキングアップ法
その①ストレッチ

ストレッチは、
胃の血流を良くする、

食べ物が入る前に、
胃の血流が良くなっている方が消化に良い。

また、ストレッチでなくとも、
お腹に刺激が伝わる運動であれば良いが、
無理なく行う事が重要。

胃のウォーキングアップ法
その②料理を手伝う

料理を手伝う事で、
食事前から視覚・嗅覚を刺激される。

それが食欲増進、
胃酸の分泌を促進させる事に繋がり、
胃の働きを活性化させ消化に良い。

胃のウォーキングアップ法
その③食前酒

食前酒は胃の血流を向上させ、
胃酸を分泌、
更に胃の上部を広げる働きがあり、
胃の消化を助ける働きがある。

特にビールが食前酒としてはおすすめであるという。

但し、
一口程度の食前酒が最も効果的なので、
飲み過ぎには十分な注意が必要。

更に前菜やスープを先に摂るのも、
胃のウォーミングアップとして効果的。

《もうちょっと調べてみた&所感》

この胃を若く保つ習慣については、
非常に実行しやすいですね。

特に普段自炊される方にとっては、
かなり容易に実行出来る方法ではないでしょうか。

胃が弱い人にとって、
肉料理などの重たい料理は、
食べたくてもなかなか箸が進まないといった事が、
往々にしてあるでしょう。

この方法を実践すれば、
貴方の食生活もまた豊かに改善されていくのではないでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

    

Sorry. No data so far.

         

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ