《私の何がイケないの?》大鶴義丹は妻の女友達に下品なネタを連発するデリカシーゼロ夫!調子に乗るとすぐに失敗する!

※私の何がイケないの? 2013年9月30日放送分より

今回は芸能界最強のダメ夫に、
妻達が怒りの告白スペシャル。

大鶴義丹・泰子夫妻
大鶴義丹は妻の女友達に下ネタを連発する、
デリカシーゼロ夫だった!

大鶴義丹はデリカシーゼロ夫

大鶴義丹(45歳)と泰子(44歳)夫妻の場合。

大物歌手Mとの離婚から9年、
昨年11月高校時代からの同級生であった泰子と、
大鶴義丹は交際半年で再婚した。

泰子は現在ブライダル会社の社長室長をしている、
ばりばりのキャリアウーマン。

そして前回出演時、
泰子のかなり変わった結婚観が話題になった。

それは大鶴義丹の女癖の悪さを知る、
幼なじみ独特の考えで、
この夫妻はなんと「浮気容認夫婦」であった。

しかし、浮気も容認する器の泰子は、
大鶴義丹にある事で怒っている。

それは下品なネタの言い過ぎである。

しかもその下品な話を聞かされるのは、
妻・泰子ではなく、妻・泰子の友達である。

泰子曰く大鶴義丹はタレントとして勉強を口実に、
泰子に女友達を集めさせ、
下世話な会話を楽しんでいるという。

大鶴義丹が勝手に楽しむ分には文句はないが、
泰子自身を巻き込まないで欲しいと語った。

大鶴義丹は調子に乗るとすぐ失敗する!

また、泰子にはもう一つの心配事がある。

大鶴義丹が最近バラエティによく呼ばれているが、
大鶴義丹はすぐに天狗になる性格なので、
調子に乗っているのではないかと懸念している。

最近までほとんど仕事がなかった大鶴義丹だが、
再婚をきっかけに上半期のバラエティー番組に、
50本以上出演を果たしている。

昔の大失敗を知っているだけに、
大鶴義丹は調子に乗っている時が一番危険だという。

実は大鶴義丹は、
23歳の時、2世俳優ブームに便乗しドラマデビュー。

しかもいきなり月9ドラマの主役

調子に乗った大鶴義丹はここから勘違い人生をまっしぐら。

なんと突然恋愛小説を発表し作家デビュー
更に車が大好きという理由で、
レーシングチームをプロデュースしていた。
そして27歳の時には自ら脚本・監督を務めた映画を発表

しかし映画は大失敗に終わり、
事務所は多額の借金を抱え倒産

更に自宅での鉢合わせ浮気が発覚し、
あの大物歌手Mとも離婚

つまり大鶴義丹は調子に乗ると必ず失敗するのである。

そして今、再天狗になった大鶴義丹は、
ある野望を口にしていた。

それは自分がMCをやっている、
バラエティーを持ちたいという野望であった。

《もうちょっと調べてみた&所感》

最近ちょいちょいバラエティー番組で、
お顔を拝見する大鶴義丹さん。

背景にはこんな事情があったそうです。

奥様の泰子さんは怒ってらっしゃいましたが、
事実、バラエティーに引っ張りだこになる位、
トーク力に磨きがかかっているのであれば、
個人的に許容してあげても良いのではないかなと感じました。

実際、大鶴義丹さんはひょうひょうとして、
下世話な話をする所が、
トークのストロングポイントな訳ですからね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

6 Responses to “《私の何がイケないの?》大鶴義丹は妻の女友達に下品なネタを連発するデリカシーゼロ夫!調子に乗るとすぐに失敗する!”

  1. Title

    […]Here is an excellent Blog You might Discover Interesting that we Encourage You[…]

  2. Title

    […]we came across a cool web-site that you may well love. Take a search when you want[…]

  3. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a handful of unrelated information, nevertheless really really worth taking a look, whoa did one discover about Mid East has got extra problerms also […]

  4. Title

    […]here are some links to web-sites that we link to due to the fact we feel they may be worth visiting[…]

  5. Title

    […]the time to read or take a look at the material or web pages we have linked to beneath the[…]

  6. Title

    […]that would be the finish of this post. Here you will locate some web-sites that we assume you’ll appreciate, just click the links over[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ